ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.11.03

選挙の温度

アメリカ大統領選挙はかつてないほどのアブナイ感じになっていて、

日本との選挙に対する温度差を感じますし、

両候補、特にトランプ氏の集会なんかみてると、

ヤバい感じがハンパない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銃を持った支持者が集会に集まったり、

いざこざが起こる、というのも異質だが、

なんといってもビックリしたのが

ビバリーヒルズの一件。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロサンゼルスのビバリーヒルズにある有名ブティックなどが、

選挙開票後の暴動、略奪の発生に備えて

店を閉め、ショーウインドーに木の板を貼って準備しているという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に今年6月の黒人男性が警官の暴力により死亡した際には、

各地で抗議デモが起き、

ロサンゼルスでもそれに便乗した店への襲撃、略奪が起きています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本で選挙のあと、銀座や渋谷で略奪、暴動が起こる、

という現象は、まず想定できないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪都構想の賛否を問う住民投票のあとも

タコ焼き屋で暴動が起こったというニュースは無かったし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカは一見文明国に見えるが、

そんなところを見ると、日本には遠く及ばないのだなあと思います。

アメリカ大統領選挙は毎回盛り上がって

イベント的に楽しそうだ、と思っていましたが、

今回のキナ臭さはカンベンして欲しい。

やっぱり日本は良い国じゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

振り返って、今わが栃木県は、

県知事選挙の真っただ中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも現職と新人の一騎打ちのはずだが、

暴動、略奪はもとより、集会や選挙カーもなく、

候補者の名前も、いや、選挙期間中であることも

気づいてないヒトが多いのではないか。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ