ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.11.02

1/24 ポルシェ917K

 9月に予告した「ポルシェ917K」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はこのガルフカラーが難しくて、

何回塗り替えたことやら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、こうして写真に撮ると

また違った色にうつっちゃうんですね。

このショットの色が一番、完成品に近いかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、全体を撮るとずっと濃い色に見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ポルシェ917は以前にも書いたとおり、

ポルシェがルマンのタイトルを取りに来たマシン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1969年高速用のウイング付きロングテールモデル

(917LH;ラングヘック)をルマンに投入したが

1970年テールを切り詰め、リアを跳ね上げて

ボディ全体でダウンフォースを得るスタイルにした917K

(Kはドイツ語で短いという意味のkurz)で念願のルマン総合優勝をモノにする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし優勝したのはザルツブルクカラーのマシンであり、

このセミワークスのガルフチームは

映画では優勝するが、実戦ではリタイアしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 翌1971年にはマルティニカラーのこの917K22号車がポルシェとして2連覇を達成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1970年モデルに比べてリアのバーチカルフィンが特徴。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、翌1972年にはレギュレーションの変更により

ルマンに参加できなくなり、活動の場をアメリカにうつす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシ的にはシルエット・フォーミュラはあまり好きでないので、

このポルシェ917Kまでが、いわゆるレースカーのイメージを持ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はフジミの917K、出来が良いのでバリエーションキットを

買いそろえてしまった。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、何やってんだ、オレ。(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ