ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2013.05.12

J20周年記念試合でした


 なんかここんとこ、サッカーとなると天気悪いような・・・・。
 でも、今日は雨でもイイのだ。
 相手は鹿島アントラーズ、
大嫌いなこのチームとはナゼカ雨の日は相性がいい。
以前も書きました⇒「雨の鹿島戦


 2013年J1第11節
 浦和レッズ    3-1     鹿島アントラーズ  (埼玉スタジアム2002)
       (前半 0-0)
       (後半 3-1)


 という事で、雨にけむる埼玉スタジアム。
P5110198.jpg
 しかし、前回のような寒さは全く無くなった。
 今回の試合はJリーグ開幕20周年の記念マッチという位置づけになっている。
P5110210.jpg
(アルシンドとロブソン・ポンテも来ていた。
ホントはジーコとブッフバルト呼びたかったんだろうなー。)
 最多勝利の鹿島アントラーズと最多観客動員数の浦和、
という位置づけはなんか人気はあるが実力が無い、
と言われてるみたいでややビミョーではあるが・・・・。
 しかし、Jリーグ設立当初の目標をもっとも具現化しているのは
この世界に誇るサポーターに愛され続ける浦和レッズなのだ、
という事は大事な事実である。
(ヴェルディ川崎、どこいったー?)
 そして、今回別の意味で注目されていたのがこの男。
P5110209.jpg
 8年間在籍した鹿島を蹴ってライバルチームに移籍した
日本のフィーゴのような興梠くん。
ちと、言い過ぎか。
(知らない人がいたら困るので言っとくと元ポルトガル代表ルイス・フィーゴは
その絶頂期にスペインリーグのバルセロナから宿命のライバルチーム
レアル・マドリーに電撃移籍。
怒ったバルササポはフィーゴの経営するレストランを破壊する騒ぎになった。)
 試合はともにボールをポゼッションしようとする
アクション・サッカーを標榜する両チームが
はげしくボールを奪い合うガチな展開になった。
 前半0-0だがともに決定機を生かせず、
緊迫感のあるゲームになった。
 ところが、後半試合は動く。
 ナゼカ、不用意にフリーにさせた野沢のシュートが
レッズゴールに突き刺さる。
(多いんだよ、ナゼカフリーになってるMFに打たれるパターン。)
 ああ、やられた、と負けも頭をよぎったが、
やってくれたぜ那須くん!
 完璧なヘッドだが、この選手こんなにセットプレーに強かったんだっけ。
 レッズの水にあってたのか、急に覚醒したのか
ともかくいい選手を補強したものだ。
 そして、逆にレッズでゴールをなかなか量産できずに苦しんでる興梠。
 しかし、サッカーの神様はここで
何ともいえないシナリオを用意した。
 その興梠の梅崎のクロスを頭ですらしてのシュートがネットを揺らした瞬間、
実はワタシは立ち上がらなかった。
 周囲の人がわーっと立ち上がる中で
ああ、オフサイドだとガッカリしていたのだ。
 しかし、えっ、ゴールイン?オフサイドじゃないの?
ということであわてて立ち上がって
一緒に声援を送った。
P5110227.jpg
 そうか、オレの見間違いかー、ヨカッタヨカッタ。
 しかし、オーロラビジョンのリプレイを見て、
今度はスタジアムの大半のサポが、
ん?オフサイドじゃね?
と思いざわつく。
 いやいや、もらえるもんはもらっとけー、という事で
抗議する鹿島の選手をブーイングでぶっ潰すことに専念。
 結局判定はくつがえらず、ゴールが認められたが
まあ、これがサッカーなのだ。
思わず思い出した⇒「It Was A Goal!
 梅崎の3点目でちょっとは救われたかなあ。
 ゴールイン後の興梠のエンブレムにキスするパフォーマンスはグッときたけど、
試合後のインタビューでも「ラッキーな」を繰り返し
歯切れが悪かったですね。
P5110230.jpg
 また、この若者が新たな十字架を背負わない事を祈る。
 それにしても、試合後のハイライトシーンでも
①点目と3点目だけで2点目はオーロラビジョンに流れなかった・・・・・。
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。


医療系をまとめました。
2013年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ