ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2009.06.10

今年のテーマは「インフルエンザ」


 えー、もうちょうど1週間前になりますが、
友愛幼稚園で講演を行ってきました。
 昨年も同じ時期にお話をさせていただきました。
昨年のブログ「幼稚園でお話をしました」をみると
去年も前日にフットサルやって、二日酔い気味で行ったのか・・・。
オレ、進歩してねえなー。
 心配された腰痛も何とか。
 司会の方にいきなり「浦和レッズサポーターの小倉先生です。」
と、紹介されてしまった。
 今年もたくさんのお母さん方(お父さんもいたけど)が参加してくれました。
P6030090_ks.jpg
 今回のテーマは「インフルエンザのお話」です。
友愛幼稚園のPTAで、今は市長もやってる大豆生田さんから電話で講演依頼を受けたとき、
今年は何の話をしようかと考えましたが、
タイムリーな話題としてインフルエンザを選びました。
 依頼されたのが、ちょうど、国内で新型インフルエンザの患者さんが出た時期で
テレビ、新聞は毎日のようにトップニュースでインフルエンザのニュースを伝えていました。
 マスコミも国民も不安や誤解や憶測が蔓延していたので、
ここは一つ、正確な知識と情報を伝えるのが、専門家の使命、と考えたわけです。
 そもそも、この冬、もっとも多くのインフルエンザを診断したのは
足利市内では、ひょっとしてウチなんじゃないかと思われますし。
 ただ、そう決めてから、一つ問題点に気づきました。
 旧型はともかく、新型インフルエンザについては、
日々刻々状況が変化するので、
最新の知見を取り入れるためには、
あらかじめスライド原稿を作っておくことができないことです。
 しかし、じきにもう一つのことに気づきました。
 もともとオレ、スライド原稿作るの、いつもギリギリ直前じゃん。
 学生時代の試験勉強も手をつけるのは、いつも直前。
ただ、あれとあれとあれをやって、とかは前から準備し、
いよいよとなってからガーッとやるタイプです。
 「今日できることは今日のうちに」
という人もいますが、
学生時代から私のモットーは
「明日で間に合うことは明日やる。」
です。
 それで、この1ヶ月、毎日話すネタを、あーだこーだ考え、
ニュースや新聞を読んで知識を蓄え、
インターネットで情報を集め
結局、直前の日曜日にほぼ1日で、50枚のスライドを作りました。
 しかしパソコンが突然ぶっ壊れたりしたらどーすんだ。
我ながら、危ない橋渡ってますね。
 まあ、無事間に合ってよかったです。
 さて、せっかくスライドをつくったので、
この話、他の幼稚園、学校、企業、研修会なんかでやってもいいかなーと思います。
呼んでいただければどこでも行きますぜ。

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2009年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ