ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.04.29

2日がかりでレッズのグループステージ突破を確認

Pocket

 

 試合は水曜日の夜であった。

 

 

 

 

 

 

 

 埼スタ、水曜日ならば必ず現地参戦となるのだが、

今回は残念ながら、先に書いたようにドゥ―ビーブラザース東京公演と重なり、断念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年初めて埼玉スタジアムに行けるチャンスであったのだが、

つくづく今年は埼スタと相性が悪い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、試合は翌木曜日の夜、録画で見たわけだが、

この晩は「C5-dips」のバンド練習が夜11時まで。

 

********************************************************************************************************

アジアチャンピオンズリーグ グループステージマッチ5

 浦和レッズ 6-1 ウエストシドニーワンダラーズ (埼玉スタジアム2002)

    (前半  3-0)

    (後半  3-1)

*********************************************************************************************************

 11時に練習終わるが太田のスタジオなので帰宅は11時半過ぎ、

風呂に入って、12時過ぎに晩飯を食いながらビール片手に観戦。

昨日の夜は東京で飲んで朝帰りで仕事、

で、またこんな時間帯というのはあまり健全ではないな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この試合、引き分け以上でグループステージ突破が決まるレッズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合は、圧倒的なレッズペースで進んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと、グループステージ突破の可能性が希薄なウエストシドニーは、

初戦でレッスに大敗しているので、気持ちの面でもおそらく負けている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、前半14分に関根の狙いすましたシュートが相手ゴールネットを揺らすと、

もうこの時点で勝ち抜けは決まったようなものだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続く18分に駒井がドリブルか絶妙のスルーパスをズラタンに通すと、

これをズラタンが確実に決めて追加点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに43分今度は逆にズラタンのスルーを駒井がもらい、

その折り返しを李忠成が決めて3点目。

これで、試合の勝利も決まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、ここで、翌日のことも考え、ビデオを止め、就寝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半は、試合から2日後の金曜日の夜に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 金曜日の夜はスイミングスクールの日だが、

連休前とあって、午後だけで126人の来院で8時のレッスンに間に合わず、

プールは休み、風呂に入って、サッカー観戦の続きになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、ムカシムカシの三菱ダイヤモンドサッカーは、

当時唯一海外サッカーが見られる番組であったが、

放送が毎週1時間枠なので、前半と後半の2週にまたがって録画中継してたっけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半は、66分に例によって悪い癖で1点失点するも、

そのあとは後半62分にケガのズラタンに代わって入ったラファエル・シルバが

また「仕事」をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 71分に李からの浮き球を落ち着いて決め、

さらに80分には柏木からのパスも巧みにコントロールし決めて見せた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ラファエル・シルバの追加2ゴールで5-1となった最後アディショナルタイム、

そのラファエル・シルバが今度はアシストで魅せる。

走りながらうけた興梠からのパスをボックス何に持ち込み、

それをヒールでまた走りこんだ興梠に落とすという

ワールドクラスの美しい連携が決まり、6点目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウエストシドニーワンダラーズはMD1と合わせたトータルでは

レッズに1-10で負けたことになり、

試合後のポポヴィッチ監督のコメントも

「浦和レッズのみなさん、おめでとうございます。

明らかに、我々よりもいいチームでした。次のラウンドでもがんばってください」

と、こう言うしかない、というほどの「完勝」であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次のさいたまダービーは行けないが、

ゴールデンウィークの鹿島戦はいよいよ今期の埼スタ初参戦となる予定。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ