ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.09.02

2学期最初のイベント


学校現場というのは驚くほど保守的で

ムカシから、ずっと同じことをしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、運動会、スポーツテストや合唱大会、

アサガオの観察などは変える必要もないが、

家庭訪問みたいなヘンな習慣もまだ続いているらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校検診については、ここではコメントを差し控えますが、

ワタシが子供のころにはあったが、

さすがに今はやってないでしょうというイベントが、

かつてはこの時期ありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは「クロンボ大会」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、もう名前からしてダメですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休み明けの9月上旬に水泳大会があったのですが、

その中の「番外企画」でこのようなものがあったと記憶しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「日焼けコンテスト」というと無難ですが、

やはり「クロンボ大会」の方が小中学生にはしっくりくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、成立しないのは、

まず第一に今は「紫外線は悪」とされているので

小中学生でも日焼けさせないようにする、

という意識や指導があると思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつては「日焼け」は健康のシンボルでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紫外線を浴びることにより体内でビタミンDが作られ、

カルシウムの取り込みを促進し、

骨を丈夫にします。

かつては母子手帳にも

「子供はなるべく外で遊ばせて日光を浴びさせること」

が書かれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若い女性でも「小麦色の肌」は健康的な美の象徴であり、

アグネス・ラムちゃんを代表とする褐色の水着美女は

誰もが魅力的だと思ったものです。

今はなき伝説の美人女優夏目雅子さんも

1977年にデビューしたときの「資生堂クッキーフェイス」では

真っ黒けで、黒人かと見まごうばかりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが1990年代になると

紫外線はシミやシワなどの肌の老化を促進し、

ひいては皮膚がんの要因になるという報告が相次ぎ

途端に状況が一変します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母子手帳から「日光浴」が削除され、

UVカットや、UVケアが化粧品の売りとなり、

「美白」なる新語が新たなる美の基準となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに、紫外線は目にも害があることがわかってきました。

角膜炎や、白内障の発生にも関連するということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、「日焼け」は

今や推奨されなくなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、全く別の観点で、

「肌の色による差別」という問題も最近はあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが小中学生だった50年前ころにくらべれば

最近は外国にルーツを持つ方が日本で暮らす場合も格段に増え、

黒人系の子供は学年に何人かいて普通です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはそもそも肌の色の黒さを競う意味はないし、

下手をすると差別につながりかねません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カルピスのマークや、タカラのダッコちゃん、

「ちびくろさんぼ」が黒人差別とはワタシは思いませんが、

こういったものが差別的である、ということで消えていったことも事実です。

みんな、好きだったんだけどなー。

(ちびくろさんぼはその後復権されたらしい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近では特にアメリカで黒人に対する警官の暴力が問題になり、

大阪なおみ選手がテニスの大会をボイコットしたり、

F1のワールド・チャンピオン、

アフリカ系イギリス人の父親とイングランド人の母親を持つルイス・ハミルトンは

レーシングスーツの下に

「Black lives matter」のメッセージが入ったシャツを着てアピールをしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、「クロンボ大会」今はありえない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは、いわゆる「地黒」であり、

夏休み中はほとんど学校のプールに通っていたので、

いつも「クロンボ大会」ではいいセンいったが、

優勝は逃していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そう言えば優勝したヤツは、

水泳はイマイチだったのだが、黒さはピカイチだったので、

みんなに称賛され、素直に嬉しそうだったなあ。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ