ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.02.07

18th SANO HEART ROCK FES (後篇)

Pocket

 

さて、午後5時、ほぼオンタイムの進行でワレワレ「C5-dips」の出番となりました。

ロックが好きな人はそのまま、そうでない人は南こうせつへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半はFoo Fightersセットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

All My Lifeから、Breakout~Learn To Flyまで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はインフルではないが風邪ひいてやや声不調。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体は元気。二日酔いはアリマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半はローリングストーンズセット。

まずは今回の新曲「Angie」から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、「Gimmie Shelter」へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、今回助っ人のゲストボーカルをお願いしたアンジーさん登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ギミー・シェルター」といえば、やはり女性ボーカル、

しかも英語でハイトーンロックボーカルといえば

まずこのヒトということでオファーしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、快諾いただき登場の運びとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リサ・フィッシャーかレディ・ガガか、はたまティナ・ターナーか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく、この曲にはピッタリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ラストは「Brown Sugar」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、ロックンロールで怒涛のフィナーレへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おお、みんな寄ってくる。

ドラムの中野くんはかわいそうだが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てなわけで、盛り上がりましたー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、ありがとう。アンジーさんには特に大感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、フェスはまだ続く。

ワレワレの次は「ゆめげき」。

名前から連想されるごとくあの「ドリーム・シアター」のコピバンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステージに得体のしれない「ハコ」がありましたが、ナント足台でした。

自作だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかくこんな複雑かつ高度なテクニックの曲を演奏するバンドの

コピバンがある、ということが驚きです。

ギターもさることながら、ベースのヒトの弾き方も尋常ではない。

6弦ベースにカポついてるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お次が先ほどボーカルお願いしたアンジーさんとこの

「Power Puff Nori-P’s」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安定のハードロックと、エンタテイメントの極致。

最近ますます磨きがかかっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10バンド目は「mimick」。

Xジャパンのコピバンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Xジャパンは女声ボーカルの方が聴きやすいかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして11バンド目、大トリはこのフェス主催の星さん率いる

「CRUED HEAD BANKARDS」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出演順はあくまでくじ引きであったが、やはりココがしっくりくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロックの魅力、満載でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、好みのバンドが多く、長丁場のわりに、

むしろあれよあれよという間にフィナーレまで楽しめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タノシカッタ。

また、出たいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと、精進せね・・・・・・。

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ