ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.02.06

18th SANO HEART ROCK FES (前篇)

Pocket

 

 2月4日、立春。

朝風呂を浴び、ホテルをチェックアウト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会館前の「松屋」で「定番朝定食380円」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出演者は朝8時45分集合。

ただし、我がバンド、若干1名、昨夜の痛飲のため二日酔いで集合できず・・・・。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝礼です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場は佐野市文化会館小ホール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日、大ホールこの方のコンサートがあるそうで・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナント開演時間が我が「C5-dips」の時間と同じ。

挑戦してきたな・・・・・・(ーー;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最終リハも終わり、近くのそば屋でメンバーでランチ。

昨夜飲み過ぎたせいか、会話は少ない(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アマチュアバンドの相互協力で行うイベントなので、

バンドメンバーが交代で受付、スポット照明を担当する。

今回初めてスポットをやらせてもらった。

カッコイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初っパナのバンドがわれわれの担当。

ステージをみながら、曲を聴きながらスポットを当てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なかなか難しいけど、この場所は受付よりは暖かくていいな。

夏は暑いだろうけど。

ただずっと立ちっぱなしです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すぐ下ではこの照明卓を一人で操る浅野氏。

サスガです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、1バンド目の「Never Satisfied」はココから見ました。

「陰陽座」のコピバンで、ボーカルとリードギターの方はご夫婦です。

カッコ良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次は客席で。

「Loversoul Music Society」。おなじみです。

「ボウイ」のコピバンのボーカルは必ずこの「モニターに片足載せ」スタイル。

「ボウイ」は見たことないけどおそらく本家がそうなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし今回はギターの方がインフルエンザで1人少ない4人編成でした。

しかし、それを感じさせない立派な演奏でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いての登場は「Masochistic Miki Band」。

洋楽ロックのカバーバンドだが、コレが良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジミヘン、BBA、ストーンズ・・・選曲も「ストライク」でかつ演奏力も抜群。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくにボーカルのミキさんの迫力ある歌い方にヤラレマシタ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 4番目は「FuWaKu」。

以前にもこのイベントで見たが、普段は都内で活動とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回11バンドと長丁場。 

このあと失礼して、着替えや楽器準備などのため途中で中座したので

ステージ見たのは断片的。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外に出ると大ホールの前には早くも南こうせつの列が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気がつけば南こうせつが「大増殖」していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「The Ashtrays」は全員20代の若さあふれるバンド。

なにしろ、勢いが違います。半ズボンだし。

いいなあ、若いって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレの前、聖飢魔Ⅱコピバン「GGG」は舞台ソデから見る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは客席で見たかったけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、いよいよ出番です。

(後篇に続く)

 

 

 

 

 

1件のコメント

コメント/トラックバック (1件)トラックバック用URL:

  1.  先生、素晴らしいステージお疲れ様でした!
     他のバンドもレベル高くて楽しませていただきました。
     そうですか、前日から様々なドラマがあったのですね~(笑)

     あかりちゃん、これはステージ前の最前列席ショットですが
     この時『ジーン・シモンズ』が降臨したのでしょうか(髪型含む)

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ