ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.09.03

1/700 帝国海軍高速戦艦「金剛」1914年10月

Pocket

いつも、クルマ(レーシングカー)飛行機(軍用機)AFVのプラモデルばかりだが

今回4年半ぶりに艦船モデルが完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旧帝国海軍戦艦「金剛」。

フジミ製1/700スケールです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一時中断していたのは、何しろ細かい部品が多く

老眼の身ではルーペを使ってもキビシイので

ちょっとめげていたため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、たくさんあるストックを作らずにゴミにしてしまうのは

「プラスチックごみ削減」の昨今の動きに反するし、

「全部残さず食べる」「プラモロスを生じさせない」という

ワタシの信条にも、もとるので、できる範囲で、ということで再開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて太平洋戦争の戦艦というと「大和」「武蔵」だが、

ワタシの好きなのはなんといってもこの「金剛」級。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大正2年(1913年)に竣工したこのフネは

太平洋戦争に参戦した我が国の戦艦としては最古参。

しかもなんとメイド・イン・イングランド。

帝国海軍がイギリス、ヴィッカーズ社に発注した巡洋戦艦です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2次世界大戦では敵国となったイギリスであるが、

設計を発注した1907年当時は1902年から1923年まで結ばれていた

日英同盟により日本とイギリスは同盟国であったのだ。

しかもヴィッカース社は日露戦争で連合艦隊旗艦として

世界にその名をとどろかせた戦艦「三笠」を1902年に建造しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二度の大改装を経て太平洋戦争に臨んだ老艦「金剛」は

開戦時にすでに艦歴30年近かったが、

実は我が国の戦艦としては大戦中で最も活躍した艦であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海戦のスタイルが戦艦同士のいわゆる艦隊決戦から

空母機動部隊による航空戦に変わったこともあり、

大戦中帝国海軍の戦艦は戦線のはるか後方、あるいは軍港内に温存され

直接敵艦と砲火を交えることはほとんどありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中にあって「金剛」級の4艦は、

当初巡洋戦艦として建造されたことにより30ノットの高速を出すことができ

駆逐艦を主体とした水雷戦隊に随伴することができたため、

最前線に投入されることになります。

こちらは以前作った3番艦「榛名」。

同型艦ですが艦橋トップなど微妙に違います。

1944年6月の「マリアナ沖海戦」仕様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガダルカナル島をめぐるソロモン諸島の戦いはとくに苛烈であり

金剛級4隻のうち2番館比叡、4番艦霧島は

1942年11月の第三次ソロモン海戦で沈没しました。

これも以前作った「霧島」です。

仕様は開戦時1941年12月なので電探はアリマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金剛はレイテ沖海戦に参加しましたが、

米空母「ガンビア・ベイ」に重巡「利根」「筑摩」「羽黒」

とともに砲撃を加え、これを撃沈。

駆逐艦サミュエル・B・ロバーツに打撃を加え沈没に追いやりましたが

自身も損傷を受けます。

「金剛」は1944年10月のこの「レイテ沖海戦」仕様です。

マリアナ海戦仕様より対空機銃がかなり増設されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、本土に帰投中、台湾沖で

米潜「シーライオン」の雷撃を受け沈没しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 窓枠や手すりをエッチングに取り換えるのは

強拡大ルーペ、精密ピンセットなしには不可能。

作業中部品を落とすと机の上でも探すのに大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、手術と違って血は出ないが・・・。

このループアンテナの直径は1mmちょっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「金剛」級3隻。

手前から「榛名」「霧島」「金剛」。

あと1隻、2番艦「比叡」はもう5,6年前からストックにあります。

ここまで来たら、早く並べたいが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦艦となるとかなり気合が必要なので、

次は巡洋艦のストックを減らそうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ