ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.09.19

1/35タミヤ ティーガーⅠ後期型 

Pocket

 この間、夏休みにヤークトパンター前期型を作りましたが、

ツィメリット・コーティング付きは、楽で良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はその約1年前、昨年9月に作ったのがこのモデル。

タミヤの1/35ティーガーⅠ後期型。

この記事のあとティーガーⅠ全タイプ制覇を目指して作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タミヤのこのキットは、実は歴史的に意味の深いキットです。

戦車や軍用車両などのミリタリーモデルは1970年代前半に大ブームとなります。

それを牽引したのは

タミヤの1/35ミリタリーミニチュアシリーズ(MMシリーズ)でしたが、

バンダイからは1/48、ハセガワからは1/72、フジミからは1/76で

それぞれミリタリーモデルがシリーズ化されました。

しかし、その後、オイルショック、スーパーカーブーム、

ガンダムプラモデルブームなどの影響でミリタリーモデルは衰退し、

いわゆる「ミリタリーモデル冬の時代」を迎えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、1989年12月、タミヤはミリタリーミニチュアシリーズの新作として

「タイガーⅠ後期生産型」をリリースします。

それまでなかった、かつてモデライズしたキットのリニューアルであり、

その後の第2次ミリタリーモデルブームの火付け役となった記念碑的製品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タミヤのキットはあえて背景を廃した、

いわゆる「白箱」がトレードマークですが、

このキットのパッケージは「グレー」です。

それまでと一線を画したい、というタミヤの決意表明とも取れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつかは作りたいと思っていたこのキット、

中古で当時モノを入手することができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この値札が背中を押しました。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 むろん、コーティング・キットがあったことも大事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時の製品カタログが入っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このころからF1ブームも始まっていくころですが、

まだ1/12の新作は出ていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タミヤ初の連結式キャタピラ。

メーカーの気合を感じるが、個人的にはこれは、メンドクサイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 組み立てはドラゴン製などとは比べ物にならないくらい楽です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシはいつも戦車モデルは底に穴をあけてボルトを入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 塗装の時の「持ち手」です。

完成後、抜き取る「へその緒」みたいなもんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近はこのオキサイドレッドのサーフェーサーを使うように

よく模型の指南書には書いてあります。

効果のほどはイマイチよくワカリマセン。

その上から影の暗い色を入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ややその影を残すように基本色のダークイエロー。

白入れて明るくしたやつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2色目、ダークグリーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3食目レッドブラウン。

全てフリーハンドで超テキトーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、こんなもんかな。

といったところでデカールを貼ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このあといろいろウェザリングして完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ナゼに、昨年作ったモデルが今頃アップされるかというと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、最後の汚しの前でほったらかしになっていて、

今回、ドラゴンのヤークトパンターのウェザリングと合わせて完成させたため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カーモデルやヒコーキと違って、

ミリタリーモデルは、どこまで汚すか、という決まりが無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんで、どこで完成とするかが悩ましい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのうちまた引っ張り出して追加のウェザリングをするかも。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ