ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.03.11

1/25 Chevrolet Goodwrench

Pocket

 たまにこんなモノ作ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クルマのキットもよく作りますが、

メインはF1あるいは60年代から80年代までのスポーツプロトタイプ、

時々ラリーカーというラインナップですが、

これはメイドインUSAのシボレーのトラック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを買ったのは、かつて恵比寿にあった「Mr.クラフト」。

モデルカーやプラモデル、書籍やビデオまで

1階から5階までクルマ関係の商品を扱っており、

ワタシは約1,2カ月にカ月に1回のペースでよく訪れていた。

このクルマにはとくに興味はないが

割引セールに惹かれ購入したことを覚えています。

¥2200が¥800だったもので・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キットはアメリカンスタンダードであるが、

部品の精度や精密さは日本製には及ばないが、

アメリカ製にしては出来はかなり良い方だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外側がグロスブラックは良いが、

内側がレッドというのはなかなか日本やヨーロッパではない感覚。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こうしてみると、このカラーリングは

真四角なフォルムと相まってまるで「重箱」みたいだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 構造はNASカーと同じで、

ラダーフレームの上に「鳥かご」が載っているスタイル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なかなか「模型映え」がするフォルムではあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トラックなので後ろは何もない。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シャシーの裏側も赤なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 NASCARと同じく、ここにボディーをスポンとかぶせるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくて完成。

ヘッドランプはデカールですが、

実車もここは鉄板にヘッドランプの絵が描いてあるだけで、

ライトはおろかランプハウスもありません。

バックミラー関係は室内にぶら下がっている超ワイドミラーだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このGoodwrenchシボレーは

1995年に始まったNASCARスーパートラックレースの

初代チャンピオンらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 空力もへったくれもない真四角なトラックが

お互いにガンガンぶつかりながら

オーバルコースをぐるぐる回るレースというのは、

いかにも単純でアメリカ人受けしそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おまけに見かけは市販されている

ピックアップトラックと同じなので、

テンガロンハットかぶったヒゲもじゃの腹の出たオッサンが、

バドワイザーを飲みながら

「おらー、イケー、オレのシェビートラックだー。」

などと熱狂するわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実車はドアは無く、このアミを外して窓から出入りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 反対側は何もありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、このクルマ、でかい。

1/25というアメリカのプラモデル特有のスケールだが

それより大きいはずの1/24スケールのフェアレディZと比べてこの大きさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このデカさのクルマがが何十台も連なって

スリップストリームの隊列を組んで走るんだから、

さぞかし迫力があるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、よく知らないクルマでしたが、

いろいろ新鮮でけっこう楽しめました。

800円だし。

これを買ったのはたぶん1990年代後半でしょうから

4半世紀ぶりに完成させることが出来、まずは良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ