ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.06.18

1勝5分けでもグループステージ突破

Pocket

さて、ルヴァンカップ・グループステージも

いよいよ最終節。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッズの所属するグループBは超ダンゴ状態で、

最終節の結果いかんで

3チームにファイナルステージ進出の可能性があるという

トンデモナイ状況であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、グループ1位のレッズと、

2位のエスパルスの直接対決なので、

この試合に勝ったほうが予選突破、という点ではシンプルだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、引き分けた場合、得失点差により清水の突破はなくなる。

そして、他会場での3位湘南ベルマーレと4位川崎フロンターレの結果で

どのチームが1位通過をするかが変わってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浦和対清水が引き分けで、両チームが勝ち点8にとどまった場合、

湘南ベルマーレが川崎フロンターレに勝つと、

湘南ベルマーレは勝ち点9でレッズを上回り予選突破。

川崎フロンターレが勝った場合には

勝ち点8で3チームが並ぶが

直接対決での勝ち点差で、

川崎フロンターレ相手に1勝1分けのレッズの突破が決まる、

という仕組みである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き分け時の得失点差がレッズ+1、清水-7である一方、

試合前の川崎は得失点差+4なので、

勝った場合得失点差はフロンターレのほうがレッズより上だが、

今年のルヴァンカップのレギュレーションでは

得失点差よりも、直接対決が優先される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなことはここまでまったく気にしていなかったが、

これが、今回重要であった。

 

*************************************************************************************

2023年YBCルヴァンカップ グループステージ最終節

清水エスパルス   1-1    浦和レッズ (日本平)

     (前半  1-0)

     (後半  0-1)

*************************************************************************************

 要するに勝てばいいんでしょ、勝てば。

相手はJ2だし、勝てない相手では決してない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 はずが、前半33分に、失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それまでイイ感じで攻めていたのに、なんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やらかしちまったレッズだが、

後半早々に明本のゴールで追いつく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ようやくこれで振り出しに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このまま勝ち切るだろうと思ったが、

今日は相手GK大久保が当たりに当たっていた。

決まったか、と思うようなシュートが、

ことごとく弾かれていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうなると、ちょっとずつ気になってきたのが他会場の結果。

最初、湘南が2-0でリードしていたのだが、

川崎が追いつき、なんと逆転。

しかし、この時点ではまだそれほど重要なこととは認識していなかった。

もう1点取って勝てばいいんだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、そのまま試合終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズの選手に笑顔はなく、

現地サポーターからは激しいブーイング。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、この時、実は

レッズのグループステージ突破が決まっていたのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 グループステージ6試合を1勝5分けの勝ち点8。

でも予選突破。

他のグループでは勝ち点9とったサンフレッチェ、京都サンガが

予選落ちしてるというのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさにレギュレーションに救われての進出だが、

別にズルしたわけではないし、

これで、優勝したらそれはそれでカッコいいぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カップ戦は勝ち抜けが大事。

ワールドカップでもアルゼンチンは予選リーグで

サウジアラビアに負けるなどあったし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、それもこれも

自らは突破の可能性がないのに湘南に大逆転勝ちをしてくれた

川崎フロンターレさんのおかげです。

ハイライトを見ると、88分からの同点、ロスタイムの逆転だったんですね。

レッズファンはこっちの試合観たほうが面白かったかも。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ