ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.11.28

007ノータイムトゥダイ

Pocket

日曜日は、佐野まで映画を見に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜに、佐野まで行ったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見たのはこの映画。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこの映画、このポスターにもあるように、

昨年春公開予定であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、コロナ禍で数回公開延期となり、

やっとこの秋、公開されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この秋公開は知ってたのですが、

ぼーっとしてたら足利の映画館では上映終了になってしまっており、

上映館で最も近いのが佐野でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、ここも12月2日で終了予定。

アブナイところであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく、間に合ってよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例によって、一切の事前情報なしで観ましたが、

ストーリーとしては前作「スペクター」の続きでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

といっても、この前作が2015年、もう6年も前なので

あまり良く覚えていませんが・・・・。

この間、3代目ボンド、ロジャー・ムーアが2017年に、

初代ボンド、ショーン・コネリーは2020年に、

それぞれ亡くなっています。

時代の流れを感じます。

ただ、このヒトの顔は覚えてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今回はスパイ映画ではありますが、

「ロシアより愛をこめて」以来のラブロマンス路線でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、今回のボンドはボンドガールや敵女スパイなどと

安易にベッドをともにしないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、ダニエル・クレイグ氏も2006年に

ジェームス・ボンド役にデビューしたころは

38歳だったが、今や53歳。

シークレット・エージェントとしてはちょっとジジイすぎる。

この映画が、彼のボンド・ラスト作品になることは

映画を見た後知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、サイコーにカッコよかったのが、

このボンドと手を組むスパイ役のお姉ちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、おっぱいポロリしちゃうようなドレスで戦うなよ、

と思うが、これがカッコイイ。

一番よかったのは、最後に

「あたしの仕事はここまで。じゃあね。」

ということでボンドとベタベタしないところが、

個人的には一番スカッとしました。

メインでないボンドガールは、ボンドと寝たあと、

だいたい裏切ったり、殺されたりしちゃうんだよねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新たな007という設定のこの方もよかったけど、

キャラ付けがもうちょっとだったかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ジェームス・ボンドシリーズの見せ場といえば

メカとクルマ。

今回、時計がロレックス・サブマリーナに戻ったのかと思ったが、

調べたら、やはりオメガ製でした。

それにしてもよく似とる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クルマは無論、アストンマーチン。

今回、懐かしのこのヘッドライトマシンガンが見れてヨカッタ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、これ。

ガトリング砲だな、これは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敵キャラでは、今回レンジローバースポーツに加え、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディフェンダーのニューモデルが登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてトヨタのランドクルーザー・プラドが、

その追っ手のレンジローバースポーツやデフェンダーをぶっちぎる展開、

というのはちょっと意外でした。

トヨタは日本車で唯一のボンドカー「トヨタ2000GT」の歴史があるからかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランドローバーてんこ盛りはさらに。

映画の序盤でアストンマーチンにぶつかったのは

初代ランドローバー。

そしてボンドが島で乗り回していたのが、

このランドローバーシリーズⅢ。

憧れますねー。

ランドローバー・オーナーとしては見所満載です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうしてみると、007はいまや時計やクルマに興味のある

ワレワレ世代がメインターゲットなのかとも思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アップルウォッチや、カーシェアリングの若者世代には

少なくともドラマの半分は興味の対象外になってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 悪者の東洋趣味、和風好みも、007シリーズのお約束だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、007シリーズの楽しさ満載の本作品だが、

ラストのストーリー展開はちょっと好きではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以下ネタバレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ダニエルクレイグのラスト作と決まっていたから、

こういう結末にしたのかもしれませんが、

絶体絶命になっても最後まで諦めないジェームスボンドが、

こうもあっさり諦めちゃうのは、

ワタシ的にはいただけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロシアより愛をこめてで、ボンドガールが死んだので、

今度は、ジェームズボンドの方が、ってのもなあ・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、そんなわけでおおむね満足、☆4つくらいの映画でした。

2時間43分の上映時間はボンドシリーズ最長だそうですが、

そのためにワタシは

午前中は普段コーヒーを3杯以上飲むのですが、

水分を一切口にせず、

お昼ご飯も汁ものは避けました。

最近は年齢とともにトイレ問題が

映画鑑賞の一番の難題ですが、

この節制の甲斐あって、ナントカ今回クリヤーできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りがけに見かけたこの看板。

おー、このシリーズ大好き。次はコレだな。

楽しみです。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ