ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.10.01

3連勝でACL争いの背中が見えてきた

Pocket

 台風近づく日曜日。

午後2時キックオフならば、東北道は大丈夫かな、ということで埼スタへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時間的に館林でランチを、と考え、

ネットで調べたこのお店に初見参。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういう感じのお店は大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近は「カツ」にこだわることはやめたので、

「ロースしょうが焼き」を、定食にしてもらいました。

人間ドックも近いしね。(^^;

実はあらゆる食べ物の中でワタシがもっとも好きな食べ物は「しょうが焼き」なので、

初めてのお店でメニューにあるときは、とりあえずそれを頼むことが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 駐車場に到着、まだ雨は降ってません、風もない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、どんよりとした不気味な雰囲気を醸す「嵐の前の」スタジアム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いざ、決戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 肉フェスやってた。

こっちで食べればよかったかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、超混んでたし、ランチ美味しかったのであれで正解かな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日の相手は柏レイソル。

オリヴェイラ監督就任後の初戦で負けた相手だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現在16位の柏に対し、レッズは8位だが、

勝ち点が詰まってきたのでここで3連勝して上位に迫りたいところ。

今日は、ワタシは興梠の30番のユニを着てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サブメンバーにアンドリューナバウトが帰ってきて、

ちょっとどよめくスタジアム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先週の神戸戦と比べ、空席の目立つスタジアム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はJFAのリスペクト・フェアプレーデイズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合開始前に柏レイソル、クリスチアーノ、浦和レッズ、柏木陽介の両キャプテンから

フェアプレー宣言があり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**************************************************************************************

2018年J1第28節

浦和レッズ    3-2     柏レイソル (埼玉スタジアム2002)

     (前半 2-1)

     (後半 1-1)

 ***************************************************************************************

 さあ、どうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例によって、ホイッスルの前に手のひらに向かって何か言ってる槙野。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レイソルは、ラインを高く保って攻撃的にくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、そのうちに攻撃の主導はレッズに。

ただし、これは必ずしもいいことではなく、

ここのところレッズはポッゼションサッカーから

リアクションサッカーに重心を移しているのだが・・・、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 案の定、35分には先制点を許してしまう。

中盤でボールをロストすると、瀬川の抜け出しから数的不利を作り出され、

最後はオルンガに押し込まれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 喜ぶ黄色いカッパの人たち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、38分、前線に武藤が長澤に出した出したスルーパスが、

相手DFとの絡みで、長澤の前にこぼれ、これを長澤が落ち着いて決めた。

今日1発目のロケットが上がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 短い時間で同点になり、士気高まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると、さらに41分、武藤から前線で受けた興梠は、

GKの位置を読んで、迷わずダイレクトでループを選択。

見事に決まって、逆転。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、FWとしての判断の速さと正確さ、

そして確かな技術がもたらしたファインゴールであった。

2発目、発射。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この頃から、本格的に雨が振りはじめてくる。

メイン、バックスタンドはいいが、ゴール裏はカワイソウ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、後半。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この頃が一番雨が激しく降っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 周囲の景色も雨でけぶっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レイソルは交代のカードをきる、ヤなやつが入ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その伊東のスピードを警戒していると、

60分、クリスチアーノの強引なアーリークロスに

相手FW瀬川に合わせられ、失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに、この悪天候下で危険なのはドリブラーよりもハイクロスであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズの交代は橋岡に代えて、李忠成。

その後、長澤に代えて、阿部勇樹。

やはりココはゼッタイ勝ち点3をとらねば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日の観客数は26431人。

前回神戸戦の半分以下である。

だが、この悪天候の中駆けつけたサポーターは

イニエスタ目当ての見物客よりは、レッズを勝たせたい思いは数倍強いだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、81分。

右サイドでボールをキープした李から左サイドに展開されると、

宇賀神のクロスを武藤が折り返し、興梠が丁寧にインサイドボレーで合わせてゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2点目に続き、興梠のサッカーセンスが光るゴールが、

3本目のロケットの発射台に点火した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロスタイム5分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この点を守って、3-2のままホイッスル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この勝利によってレッズは6位浮上。

4位鹿島との勝ち点差は4まで詰まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エース興梠のここ2試合の3ゴールは、

いずれも彼のタレントが生んだ、素晴らしいゴールであり、

彼のコンディションが上がってる、というのは大変に心強い。

30番を着てきた甲斐があったというものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次節、仙台戦にきっちり勝って、

その次のホームで鹿島アントラーズを粉砕したいところである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰り道は雨。

試合中よりはやや小降りになったが、傘持ってきて良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 黄色いサポーターは傘をささずに帰るヒトも多し。

その気持ちはワカル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ