ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.08.22

3たび追いついてのドロー

Pocket

 サマソニの関係で直接見られなかったJリーグ。

 

 

 

 

 

 またまたDAZN観戦です。

最近、ネットTV調子いい。

 

***************************************************************************************

2018年J1第23節

清水エスパルス 3-3  浦和レッズ (IAIスタジアム日本平)

    (前半 1-1)

    (後半 2-2)

***************************************************************************************

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日のエスパルス戦はエコパではなく日本平なのだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここはキャパ小さいし、行きにくいがスタジアムグルメがなかなかだった。

また、行って海鮮焼き食べたいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気温が下がり、真夏の猛暑が消えたこの試合、やはり選手の動きがイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、前半エスパルスの見事なワンタッチスルーパスでウラをとられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 敵ながらキレイなゴールであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、その後、ファブリシオが相手ボックス近くでハンドのファウルをゲット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は柏木が控えなのでFKは誰が蹴るかと思ったが、

いったんボールのところにいた武藤が離れて、阿部がボールをセット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 右足一旋、ボールはココしかない、というコースを通ってネットに吸い込まれ、同点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半11分までで同点になったあとは、相手の良いところををつぶし合うような展開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半は同点で後半に入るが、開始早々にまた失点。

マウリシオのスライディングがファウルとなったFKで

ドウグラスが滞空時間の長いヘッドでゲット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ガックリ、だが、61分にファブリシオがカウンターから同点ゴール。

しかし、その直後の63分、今日のっている清水の金子にまた失点をくらう。あわただしいゲームだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このまま、逃げ切られるかと思ったが、72分、青木のロングフィードに

CKのあとまだ前線に残っていた槙野がバックヘッド。

これが上手い具合にゴールイン、みたび同点に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合はこのまま終了となり、ともに勝ち点1を分け合った。

ダンゴ状態のリーグ戦の中で勝ち点3を奪えなかったのはイタイが

気分的には3回追いついたレッズの方がエスパルスよりは充実感があるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて水曜日は今や、ある意味、もっとも大事な天皇杯。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ