ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.12.10

2018年の締めくくりは天皇杯優勝。

Pocket

12月9日天皇杯決勝の日のランチは久々に試合前の「カツ」。

よく見ると賞味期限1日過ぎてますけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「カツカレー」で。

好きなんだよなあ、カツカレー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余裕をもって、いつもより早くスタジアムへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暮れなずむ埼玉スタジアム。

今年最後の、現地観戦になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もいろいろあったが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、親子連れが目立つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はリーグ戦ではないので、場内でのMDPの販売はない。

特別号を北広場で売ります、との情報がメールにあったのでまず買い求める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表紙はこの間の、鹿島戦。

今思い出しても、勝ってよかったなとつくづく思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北から入場してもいいが、決勝戦なのでとりあえず南広場に行ってみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この裏に看板があるようでサポーターが記念撮影の列を作っていた。

ベガルタ仙台サポが圧倒的に多い。

旅の思い出でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コバトンも登場。

実はコバトンは埼玉県のキャラクター。

浦和レッズのチームキャラクターのレディア、フレンディアは今日も欠席?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベガルタ仙台は仙台サポのためにタオルマフラーを配っていた。

記念に1枚もらおうかと思ったが、

まさかこの出で立ちではそうもいかないのでやめておいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、行きますぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はいつもと違いメインアッパーを選んでみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早く着いたので、まだウォーミングアップ前です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やがて、ゴールキーパー、そしてフィールドプレイヤーが入場。

拍手で迎えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウォーミングアップ。

ここんとこ、レッズのウォーミングアップウエアは黄色。

仙台と同じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、オープニングセレモニーの準備が進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選手入場とともに、コレオグラフィー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メインスタンドも今日は上まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴール裏はここからでは見えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなってたらしい。

 

 

人力で釣り上げた3Dコレオだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国歌斉唱。

秋川ナントカさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天皇杯決勝は子供のころから元旦の昼過ぎ、と染みついているので

何となく気分が出ないけど。

 

 

************************************************************************************************

第98回天皇杯決勝

浦和レッズ  1-0  ベガルタ仙台 (埼玉スタジアム2002)

   (前半 1-0)

   (後半 0-0)

************************************************************************************************

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18時キックオフ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合は初の決勝進出で、失うものの少ない身軽なベガルタ仙台に対し、

優勝が強く期待され、背負うものの大きいホームのレッズは、どうしても手堅くなってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 攻める仙台に、いいところのない浦和。

伝統の大一番での勝負弱さが、また今宵も出てしまうのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、転機は今日もセットプレーであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 13分の右コーナーキック。

柏木はショートコーナーで、長澤に渡し、長澤がゴール前にクロス。

相手にクリアされたボールは、宇賀神の前に。

これを宇賀神が迷いなくミドルレンジから蹴り込んだ。

ボールは、日本代表デビューしたばかりの

GKシュミット・ダニエルの手をかすめてゴールネットに突き刺さる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 待望の先制ゴールは、

4日前のロスタイムに浦和を救った宇賀神友弥の右足から生まれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天皇杯のこの2試合、宇賀神に、何かが「降りてる」。

13年前のマリッチのように、カップ戦にはラッキーボーイが重要だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、今夜は冷える。

あらかじめ用意したフリースやジャンパーを全部着て、

ひざにはブランケットをかけるが、念のためにてぶくろも持ってきておいてよかった。

それでも足元からしんしんと冷えてくる。

あとで、クルマに戻った時に温度計を見たら2.6℃であった。

スキー場なみですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後の猛攻をしのぎ、ハーフタイム。

1-0で後半を迎える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 選手交代。

柏木に代えて柴戸。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、84分武藤に代えて李が入る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鹿島戦でシミュレーションしたとおりの、守って逃げ切るパターンに。

鹿島相手にアウェイでできたのなら、仙台相手にホームでできないはずはない。

仙台の攻撃をいなしながら、時間を使っていく。

ことあるごとにに相手のコ-ナー付近で、したたかに時計を進める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5分のロスタイム。

ズラタンを投入し、前線にターゲットを作り、ボールキープを目指す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああー、もう5分経ったっしょ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  そして、歓喜のホイッスル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2006年以来、7度目の天皇杯を制覇した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 浦和レッズとなってからは3回目の天皇杯優勝。

過去2回は、国立で家族で明治神宮初詣のあと。

あの時は、まだ子供たちは小学生だったのだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 元旦でない天皇杯、昼間の試合でない天皇杯、国立競技場でない天皇杯、

ということで、かなり違和感があるが、

とにもかくにも、勝ってよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 水曜日のカシマスタジアムでのアントラーズ戦は「事実上の決勝戦」といわれたが、

「事実上の決勝戦」に勝ったところで「現実の決勝戦」に勝たなければ、

結果は残せない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずはベガルタ仙台がポディウムへ。

彼らにとってはくやしい準優勝だが、また初の準優勝であり新たなステップを踏んだともいえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、レッズの選手が表彰台へ。

ここ埼玉スタジアムでの表彰式で、もし優勝できなかったらと思うとちょっとゾッとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 正しい結末になって良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで、3年連続のタイトル獲得とともに、

来季のアジアチャンピオンズリーグ出場権を手に入れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来年は、当初からオリヴェイラ監督が指揮する最初の年になるので、

オリヴェイラ体制の真価が問われる年になるが、

今回の戴冠により、来季のタイトル獲得に対する期待が一層高まった。

かつて3冠をとったのはオリヴェイラ監督下の鹿島アントラーズと、

西野監督のガンバ大阪だが、

来年はレッズは3冠に加えて、アジアチャンピオンも、なんて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、来年のことをいうと鬼が笑うので、

今年の締めくくりを良い結果で終えられた、ということで、

とりあえずは良しとしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来年の初戦はゼロックス・スーパーカップで川崎フロンターレと戦うのか。

2月16日土曜日13時半は、難しいかなあ、どうしようかなあ・・・・(ーー;)

 

 

 

 

ダイジェストはYou Tubeでご覧ください。

 

2件のコメント

コメント/トラックバック (2件)トラックバック用URL:

  1. あなたのコメント  やりましたね~。 とても嬉しいです。 3年連続でタイトル獲得です。 来年は是非Jリーグをとってもらいたいです。 

  2. […]  思えば、昨年の天皇杯決勝は、国立競技場が建設中で、 […]

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ