ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2009.12.06

0-1の意味するもの

Pocket


 週間予報では土曜の天気は晴れ。
んー、なんとなく雨が降らないかな、と思っていた。
 思えば、あれはももう6年も前、やはり優勝を狙う鹿島との最終戦。
 雨の中エメの同点ゴールで、鹿島の優勝を阻止した。
あの時のソガハタの悔しそうな顔。
 埼スタからの帰り道、まだ小さかった娘を肩車して傘さしてたら、
傘が木に引っかかったっけなー。
 天気予報がずれて、土曜日は冷たい雨になった。


 2009年J1最終節
  浦和レッズ    0-1     鹿島アントラーズ   (埼玉スタジアム2002)
     (前半   0-0)
     (後半   0-1)


 優勝を意識した鹿島の動きは硬かった。
 連覇しているチームとはいえ優勝のプレッシャーは相当なもののはず。
 レッズの付け込む隙はいくらでもあった。
 今日の試合を見て、多くのサポーターが思い出したであろうあの試合。
2007年の最終節、ちょうど今日の裏返し。
優勝に大手をかけたレッズはアウェイの日産スタジアムで横浜FCと対戦。
横浜FCはすでに降格が決まり、長らく勝ち星から遠ざかっていた。
だが、優勝を意識するレッズは、まったくいつものサッカーができずギクシャクしていた。
 結果、まさかの敗戦。
9割がた掴みかけていた「優勝」はするりとその手から抜け落ちた。
 そう、2年前の横浜FCのように、のびのびやって鹿島の足元をすくえば。
 しかし、「王者」鹿島はしたたかだった。
 6年前の再現も、日産スタジアムの奇跡も起きなかった。
 残念ながらこのチームとレッズの差は、まだまだ大きい。
 今日の試合、勝ち、引き分け、負け、どんな結果になっても
それは、ありえる展開だった。
 でもこの0-1には、今のこのチームの現状を納得させる説得力がある。
 しかし、決してダメなチームじゃない。
今日感じた悲しみは、去年の最終戦のときに感じたあの虚無感ではない。
 来年の最終戦、喜びと自信に包まれて1年前の冷たい雨の日のことを振り返りたいです。

3件のコメント

コメント/トラックバック (3件)トラックバック用URL:

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    寒かったですね。負けましたけど根性は見せてくれたと思います。早くもシーズンが終わり移籍問題が色々出てきました。私、来シーズン柏木のレプリカ買うこと楽しみにしています。ミーハーサポですから。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    柏木のレプリカ!
    切り替え、はやっ。
    確かに彼の左足は魅力です。
    しかし、今季、広島のほうが順位上なんだよなー。

  3. SECRET: 0
    PASS: 3b0165d5bba17c57a0775e4655568b78
    ロックな耳鼻科さん
    拙ブログにご訪問いただきありがとうございました。
    フロンターレサポのDr.かたおか@小児科医です。
    私もこの試合、2年前のレッズ対横浜FC戦を思い出しながら観ておりました。まさか、と思ってましたが勝てないときは勝てないのですねえ。同じ試合をフロンターレはやはり降格決定した大分戦でやらかしました。じゃあ、鹿島もそんな風になるかというと、ならないんですよ、鹿島は。
    ともあれ、残念な結果ではありましたが、また来年という楽しみもあります。クリニックで「サポートカンパニー」として幾ばくかの支援も続ける予定。
    あ、それにまだ、天皇杯がありますね。
    元旦に笑っていられるかどうか。鹿島とは当たるとすれば準決勝です。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ