ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.10.28

鹿島と引き分け、上位との勝ち点差つめられず

Pocket

 Jリーグも残り4試合。

3位につけ、優勝の可能性を残すレッズは、

アウェイで宿敵鹿島アントラーズと戦う。

土曜日午後2時のキックオフでは現地は間に合わないが、

DAZN]はライブ観戦。

カシマスタジアムでこのコレオをやるとは、スゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鹿島アントラーズは前節の神戸戦の敗戦で優勝の可能性が無くなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 じゃあ、負けてくれてもいいじゃん、と思うが、

まあ、そういうわけにはいかないわな。

 

 

*******************************************************************************************************************

2023年J1 第33節 

鹿島アントラーズ   0-0    浦和レッズ (カシマサッカースタジアム)

    (前半    0-0)

    (後半    0-0)
*******************************************************************************************************************

 非常に「ガチ」な試合で、

選手同士のぶつかり合いもタイトルマッチのような激しさ。

お互いに相手の良いところを消しあう形で、

前半はスコアレス。

後半の始まりもレッズサポの気合はすごいな。

この大旗、カシマまで運ぶの大変だっただろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半、興梠慎三が投入され、

古巣相手にゴール決めてほしかったが、かなわず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ピンチもチャンスもあったが、結果0-0のドローとなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて、他会場の結果を確認すると、

おお、湘南は首位神戸に引き分けた。

やはり湘南は残留がかかってるので気合が入っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう、横浜はアビスパ福岡相手に4-0と大勝。

福岡は、きっとルヴァンカップ決勝のことで頭がいっぱいだったから?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3試合を残してこの順位。

神戸と横浜の勝ち点差が2になり、こちらは面白くなったが、

レッズは数字上では可能性がまだ残るが、

実質的にはキビシイ。

しかも次節は神戸との対決。

ここで、神戸に引き分け以下だと数字上でも優勝の可能性が消える。

まあ、その前にルヴァンカップのタイトルを獲っておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ