ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.02.21

高齢者の3回目のワクチン接種

Pocket

コロナのワクチン接種がまた始まっています。

休日返上で連日接種です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オミクロン株に対しては、

変異によりワクチンの効果が半減しており、

また、そもそもが重症化しにくい変異株とされているため

ワクチン接種に対し消極的な方もいるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、現況では感染拡大が続いており、

母数が増えれば重症者、死亡者の数も当然増すわけで

ワクチンの安全性と有効性が明らかになっている以上

早めに打っておく、というのが良さそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間も書いたように、

ワタシの考えでは、このオミクロン株の蔓延によって、

コロナ禍が収束に向かうと見ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、ここ最近の高齢者に対するワクチン接種、

現場でのハードルは「いかに脱がせるか」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回の高齢者のワクチン接種は夏だったのですが、

今や、まだ春遠い寒い寒い冬の気候が続いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お年寄りは、ともかく着込んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、接種会場で素早く注射できるように

すぐ脱げる服を着てくる、

という意識がない方も多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中には、脱ぎやすい上着と半袖下着で来てくれたり、

問診前から2人して片袖抜いた状態で

半裸になって気合いの入ってるご夫婦などもいますが、

そういったご老人はどちらかといえば少数派。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中で、

すぐ肩が出る袖のゆるい服はこれしかなかったので、

と、恥ずかしそうに言い訳をして

ちょうちん袖でシースルー気味の

ベルサイユのバラみたいなブラウスを着てきた

おばあちゃんは素敵でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ