ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.07.09

高温多湿のFC東京戦はジメジメのドロー

Pocket

 天気はイマイチだが、ここは行くしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 雨と熱中症対策をして埼玉スタジアムへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 雨は降っていないが、チョー蒸し暑い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ガスサポも来てるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 少年よ、負けても泣くなよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 MDPの列かと思ったが、子供向けのクジの列らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 MDPはすぐ買えました。

表紙は、酒井。

目指せ3連勝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 早めにスタジアム入りしたつもりが、今日は人が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日のチケットは相当売れてるようだ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、なんで子供がこんなに多いのか、と思ったが

今日は『GoGoReds !デー』で『550円(ゴー・ゴー・レッズ)価格』となった小中高生が

約1万人来場したため、ということを後から知った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キックオフまで1時間以上あるので生ビールを。

飲食売店も長蛇の列。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、今日もチキンカツでキチンとカツ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ガスサポも結構来てます。

このあいだ、外来に来たお子さんのお母さんがガスサポと聞いて驚いた。

あの中にいるのかしら。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここまでレッズは4位、FC東京は現在11位だが、

この2チームは開幕戦に対戦し、

このときレッズはアウェイで敗戦を喫しているので、

今日はなんとしても勝たねばならない。

 

 

 

********************************************************************************************

2023年J1第20節

浦和レッズ   0-0   FC東京 (埼玉スタジアム2002)

   (前半  0-0)

   (後半  0-0)
********************************************************************************************

 

 さあ、行くぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし開始6分に酒井宏樹が負傷退場してしまうアクシデント。

主に左サイドバックでプレーしてきた荻原拓也が右サイドバックに入る。

後から考えると、これがヒジョーに痛かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半興梠のシュートなど惜しいチャンスもあったが、

危ない場面もあり0-0。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、後半。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なかなか、チャンスの作れないレッズは、

興梠に代えてホセ・カンテを投入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、FC東京の守備は硬い。

ホセ・カンテ、大物ストライカーはいまだ爆発せず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今季最多の観客。

前売りチケットは5万枚以上売れていたらしいが、

この高温多湿、ジメジメムシムシの天気で、

参戦を見合わせたファミリーが少なからずいたのでしょう。

この辺の時間から、帰りの混雑を避けて早めに席を立つファミリー多し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロスタイムになると、レッズの波状攻撃が繰り返され、

相手ゴールに迫ったのだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果はむなしく0-0のドロー。

試合後、FC東京サポは喜んでタイコたたいて歌を歌っていたが、

レッズサポからは特大のブーイング。

たしかに勝たねばならない相手であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 せっかく1,2位の横浜、名古屋戦がドローになったのだが、

上位への勝ち点差は変化ありませんでした。 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ