ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.03.27

飲食店に全面禁煙を

Pocket

 

 昨日の日曜日、妻とランチに出かけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スパゲティを食べようということになり市内のパスタ屋さんに行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 正午前であったが、我々の前に2組が待っており、

入口の紙に名前を書いて待っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しばらくして、我々の番になったが、店員さんが

「いま、禁煙席が満席なので、喫煙席でもいいでしょうか。」

と尋ねるので、

「そこでタバコ吸ってるヒトいますか?」

と訊くと今はいないという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お店の方もどんどん待ち人数が増えているし、

それなら、と喫煙席の方に案内してもらった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このお店は中が仕切られており、

手前の区画が禁煙席、廊下のようなところを回った先に

喫煙席の区画があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、こちらの区画のテーブルがいくつかあるが誰もいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 要するに今まで来た人は全員「禁煙席」希望だったわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくに日曜日だからなのかもしれないが、

禁煙席を望む人が圧倒的に多いというわけである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっそのこと、全面禁煙にしちゃえばいいのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国会では受動喫煙防止法案に、

自民党の「タバコ族議員」が喫煙者の権利や幸福の追求などとワケの分からないことをいって

法案を阻止しようとしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このJTからカネをもらっているヤニまみれの議員はナントカならんのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大多数の国民は禁煙社会を望んでいる、ということを彼らは理解せず、

国民の利益のためではなく、

自分に票を入れてくれるタバコ産業に便宜をはかっているわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オリンピックは大きなチャンスである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを機に日本も国際レベルの禁煙国に追いつかなければ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一刻も早く飲食店が全面禁煙になることを願います。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ