ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.10.12

青菜と書いてせいさいと読む。

Pocket

 この間、山形で買って来たお漬物。

山形は実にお漬物の宝庫です。

これは「青菜」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「あおな」ではなく「せいさい」。

ちなみにパソコンでは「せいさい」から「青菜」への漢字変換は候補にありません。

8番9番は知らない言葉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかにフツーは「あおな」だよなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、「青菜(せいさい)」は山形ではメジャーらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに、味、食感はほぼ野沢菜と同じ感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いわゆる「菜っ葉の漬物」は全国にあり、

日本三大菜漬けとは「野沢菜」「高菜」「広島菜」だそうだ。

野沢菜は、野沢温泉をはじめとする信州、

高菜は博多ラーメンにも入ったりする九州のもので有名ですが、

広島菜というのもあるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的には秩父の「しゃくし菜」は結構好き。

カヌーで秩父に行った時に知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 栃木県にも何かあるのかな、と考えたら

たしか「壬生菜」というのがあったな、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、調べたら「壬生菜」の壬生は

京都の地名で、獨協医大のある壬生町では無かった。

新選組の前身、壬生浪士組の壬生ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、山形にはほかに「おみ漬け」というのがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは「近江漬け」から来たと書かれていますが、

やはり主たる成分は「青菜(せいさい)」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これも美味しいのだけれど、

ともかく、これはおそらく東北地方全体に言えることだと思いますが、

山形のお漬物はショッパイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高血圧症のワタシにとっては、食べ過ぎは禁物。

野沢菜にお醤油かけて食べてたこともありましたが、

「青菜に塩」なんつったら、それこそ塩分チョー過多になってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1件のコメント

コメント/トラックバック (1件)トラックバック用URL:

  1. 広島菜を使ったふりかけで「ひろし」てのがありますよ。
    製造は「ゆかり」を製造している三島食品です。
    是非お試しあれ。
    ちなみに私はまだ食したことはありません。(笑)

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ