ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2024.01.24

電話代

Pocket

 コロナが2類相当の頃は、

検査のたびにマスク手袋を変え、ガウン、フェイスシールドを装着した。

そのために感染性廃棄物の処理業者に払う費用が

毎月かなりの額になって大変であったが、

昨年5月に5類扱いになってから、

その経費がグンと楽になった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、良いことばかりではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今、大変なのは電話代。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 発熱患者さんはまず駐車場にとめたクルマの中で待っていてもらい、

順番が来たら、こちらから電話をかけて問診。

必要なことはすべて電話で訊いて、

その後、患者さんは診察室に来てもらい、

黙って検査をして、またクルマにすぐ戻ってもらう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、結果が出たら、再び電話をかけて、

陰性の場合はすぐ上がってきてあらためて診察をするが、

陽性の場合は、

結果説明、自宅待機期間、薬の内容、家族に対する注意、

その他もろもろをすべて電話で説明する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、電話をいったん切って、

カルテを閉じ会計計算が終わった時点で、

今度は事務の方から会計の説明、

薬の受け取り方についての説明の電話を入れる。

一人につき3回の通話、これを毎日何十人もやってるわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果として、当院の固定電話から

患者さんの携帯にかける電話が非常に多く、

この電話代がまた大変なことになっているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、すぐ下の駐車場と糸電話つなぎたいなあ。

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ