ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.09.27

電磁波

Pocket

この間書いた「シェディング・エクソソーム」

を主張するお医者さんの一人が書いているブログを読みました。

神戸の内科、精神科のお医者さんです。

このブログが、スゴイ。

「新型コロナ流行の原因は5G(強力な電磁波)と

ワクチン(重金属注入)、この両者による”合わせ技一本”である」

と、あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いわく過去の感染症のパンデミックと

新しい電信技術の導入のタイミングは一致している。

 

 

1889年のインフルエンザの流行は、

1888年にアメリカで電気鉄道が急拡大したことに一致。

1年間で鉄道距離が1000マイル以上延伸したことによるという。

 

 

そして1918年のスペイン風邪は

その発端はアメリカの軍事基地だが(これは事実らしい)

アメリカ軍が1917年から18年にかけて

世界最大の通信ネットワークを構築したことが原因。

 

 

1958年の香港インフルエンザいわゆるアジア風邪は米ソ冷戦時に

アメリカが完成させた世界最大のミサイル防衛システムの

高出力レーダー基地局の膨大なマイクロ波によるという。

 

 

そして、今回の新型コロナの原因は今流行の「5G」。

その証拠は武漢が国を挙げて世界で最も早く5Gを推進した

「スマートシティー」であるからだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お医者さんながら小松左京もビックリの発想力。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしか「電波」「電磁波」は

ワレワレが学んだ精神科の教科書的には

統合失調症(ワレワレが学生の時には精神分裂病といわれた)

の診断上の最重要キーワードなんですけど。

患者さんが「どこからか電波を当てられてる」

「隣の家からの電磁波が原因だ」

的なことをいったら、この病気を疑え、みたいな。

たしか、このセンセイ、

専門は精神科だったはずだが・・・・(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、妻は昨日、新発売の5G対応のiPhon13を早々に手に入れて

喜々としてセットアップしていますが。

あぶないぞー。

 

 

 

 

2件のコメント

コメント/トラックバック (2件)トラックバック用URL:

  1. いろいろと突っ込みどころ満載ですね。

    >新型コロナ流行の原因は5G(強力な電磁波)と
    ワクチン(重金属注入)、この両者による”合わせ技一本”である

    そもそもコロナ流行したからワクチン接種が始まったわけで、順序が逆。
    また5Gは決して’強力’な電磁波ではありませんし。

    お医者さんは当然理論的な思考をお持ちなのだと思ってましたが、そうで無い方もいらっしゃるのですね。(^^;)

  2. コメントありがとうございます。
    いろんな医者がいるのよ。
    っていうか、精神科医の一定の割合は
    どうも精神病になっちまうらしい。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ