ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2014.03.16

難しい試合に見事勝利

Pocket

不本意なネタで今週最も話題に上ったJリーグチームになった浦和レッズだが、

騒動後初の試合はアウェイの広島戦という、

またビミョーな因縁を感じさせるカードとなった。

 

 

**********************************************

2014年J1第3節

 

 サンフレッチェ広島      0-2        浦和レッズ  (エディオンスタジアム)

           (前半   0-1)

           (後半   0-1)

 

 

**********************************************

この試合からダンマク(横断幕)、フラッグ類禁止の措置がとられ、

現地に行った人にはさぞ異様な雰囲気のスタジアムだっただろうが、

スカパー観戦ではそこまで感じ取れない。

 

 

 

 

ともかく、解説の福田さんは相変わらずよくしゃべるし。

 

 

 

 

 

ミシャ監督就任後初の一昨年の開幕戦では完璧にやられたが、

実はその後レッズの3連勝と実は浦和にとっては意外に相性のいいカードになっている。

 

 

 

 

 

 

ご存知のように広島からレッズに来た選手が多いので、

そういった選手にとってみればわざわざ上を目指して移籍したのに

古巣に負けては移籍した意味がない、

といったモチベーションの高まりもあるのであろう。

 

 

 

 

 

しかし、この試合、それも含めて西川のおかげで勝ったようなもの。

 

 

 

 

 

 

西川、スゲエよ。

 

 

 

 

 

もともと高い技術のゴールキーパーではあるが、今日のプレーは気合入りまくり。

 

 

 

 

 

 

 

広島の戦術を知り尽くしている、という点もあるが、

あの飛び出しの判断のすごさは尋常じゃない。

 

 

 

 

 

 

ああ、本当いい選手とりましたわ。

 

 

 

 

 

 

前半終了間際に興梠がまたクライファート張りの難しいヘッドを決めたときの

西川の雄叫びとガッツポーズにもシビレました。

 

 

 

 

 

 

興梠が決めれば、原口も得意のカットインからの「原口ゾーン」からのシュートを決めたし。

 

 

 

 

 

 

メデタシ、メデタシw

 

 

 

 

 

 

もし、この試合負けていたらチームにどんなバッシングがあったかもしれないし、

選手自体のメンタルの落ち込みも計り知れないものになったかもと思うと

本当に重要な勝利であった。

 

 

 

 

 

 

 

喜びすぎた森脇が交代後にレッドを食らうという珍しいヘマをやったが

まあ、今回は許す。

 

 

 

 

 

2件のコメント

コメント/トラックバック (2件)トラックバック用URL:

  1. あなたのコメント 西川のディフェンス凄かったですね~。なかなかあれは前に出られませんね。ヒラのクロスも最高でした。元気の魂のゴール、心に焼きつきました。まずは一安心です。

  2. あなたのコメント

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ