ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.09.05

集団接種に行ってきました。

Pocket

 本日日曜日ですが、

コロナワクチン集団接種のため宇都宮へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利市の集団接種は終わったのですが、

県内の集団ワクチン接種会場での医療関係者募集に手を上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日当は出ますが交通費は出ない。

高速使って往復となると移動時間も含めてワリの悪いバイトですが、

そんなことは言ってられません。

現在のこの状況を打開するには

ワクチン接種しかないので、

医者として黙ってみてるわけにもいかず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、遠いわ、宇都宮。

途中で昼メシ食ったのでギリギリになっちゃった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開始前に簡単なオリエンテーション。

ワクチンはモデルナ社製。

医師5名で予診を担当します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、接種直後にショックなどあった場合は、

予診担当医師が処置にあたりますが、

待機中に具合が悪くなった場合は、

優先して診る医師を1名、サブを1名、

お医者さん同士で専門など相談して決めてください、

とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、そんなことが。

足利市の集団接種の時は医師2名で、

毎回もう1名の先生が小児科だったため、

なんかあれば、オレが診なきゃならないか、

とは思っていましたが、

できればもちろん診たくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、初対面の医者が5人。

日本の医者でダントツに多いのは内科なので、

まあ、内科の先生がいればそっちだよね、

と思い、あの、ボク、耳鼻科ですが、

と最初に言いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると、横に並んでた2人が、

あ、ボクら2人とも精神科です、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんて、こった。

ツーペアで勝負に出たら、

ロイヤルストレートフラッシュを喰らっちまった。

これで、残り2人が眼科だったら万事休す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうなったら、まあ、仕方ないけど、と、

いったんは半ば腹をくくりかけたが、

残る2人は内科医だったようで、

代表と、サブはすんなりその2人になりました。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は20代~30代の元気な方がほとんどで

結局、そういった場面はなかったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アナフィラキシーショックの既往や、

血液サラサラの薬を飲んでる方もいらっしゃらず、

これらのハンコは使わずに済みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 600人余りの接種がされたようですが、

まだ1回目の人がほとんどで、

どんどん接種を進めないとイカンなあと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 けっこう、疲れた。

明日からはまた連日、自院でのワクチン接種です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ