ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.10.24

長引くセキの原因

Pocket

時々、お医者さんが書いてるブログを見るが、

皆さんマジメですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事のことやら、病気の説明やら、保険や、経営の話もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、ワタシといえばバンド、サッカー、果ては「どん兵衛食べ比べ」。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こいつ、医者として大丈夫か、と言われそうですが、

まあ、医療関係、耳鼻科関係の記事もそれなりに書いております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにせ、このブログも長いので、

アーカイブ的なものは、カテゴリー欄の

中耳炎、診療、インフルエンザ、花粉症をクリックすると、

1日では読み切れないくらい出てきますんで。

もうちょっと、整理しようかな、と思っておりますが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、最近、寒くなって風邪の方が増えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、モノが風邪ですんで、ほっときゃ治る、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供さんで熱が出て中耳炎や溶連菌感染症がなく、

胸部聴診の音がきれいでセキハナもなければ、

お薬なしで様子見ましょうね、という例も多い。

インフルエンザが流行してくると、もうひと手間かかるけど。

(こんなときに、やみくもに抗生物質を出してはイケナイ、

という話は繰り返し書いてますので、ご存知ですね。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セキなんかも、風邪の初期には出るもんなので仕方ない、

むしろ無理に止めない、なんてのが最近の考え方ですが、

1週間も2週間も続くセキは困ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろな合併症を考えることもありますが、

とくに注意したいのは「ハナが原因のセキ」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風邪をひくと粘膜が荒れて、ハナの中の繊毛運動が阻害されるため、

濃いハナが鼻内に停滞することは、しばしばあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人の人で「ハナがのどに回る」なんてことを言う方は

副鼻腔炎、いわゆる蓄膿症をおこしてることがあり、

「副鼻腔気管支症候群」によって、慢性的なセキをおこしているわけで、

注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供さんの場合はさらにハナがきちんとかめないので、

後鼻漏によるセキの比率はかなり高いといえます。

副鼻腔のない1,2歳の子でも、

ハナが除去できないのでセキになっちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような場合、お母さんに子供さんはハナが出ますか?

と訊くと「ハナは出ないんですけど、タンがらみのセキが多いです。」

などという返答が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見てみると、確かにぱっと見、ハナは出てないんですが、

ハナの処置をして細い吸引管をそろりと入れると、

奥に手ごたえがあり。

コレだな。( ̄ー ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

膿性、粘稠な鼻汁は前にはたれてこないが。奥にたまってノドに下がり、

長引くセキの原因になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜寝入りばなや、朝起きぬけにタンがらみのセキが出る場合は、

ハナのセキの可能性を常に考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小児科で気管支拡張剤や、吸入薬を多用しても、

セキが治らないということで来院される子供さんを見ると、

このケースはかなり多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような場合、吸入薬や、気管支拡張剤は

雨漏りの時に床に置くタライみたいなもので、

雨漏りのもとを直さないと、セキは止まらないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小児科の先生でもそういう可能性を考えて治療している方もいると思いますが、

実際に確認できるのは耳鼻咽喉科の強みですし、

そこの鼻汁を除去してあげる物理的な治療ができるのも耳鼻科ならではです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハナは出ない、というお母さんの話を

そのまま鵜呑みにするような医者では困ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて、たまには医者的な話を書いてみました。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ