ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.02.13

銅メダル

Pocket

 

ピョンチャンオリンピック開幕し、昨日は日本人選手のメダリスト3人誕生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ナントみんな時間かぶり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休日夜間診療所から帰ってきて、メダル候補の出るテレビ、

どれを見たものかとしばしスポーツ新聞とにらめっこしましたが、

女子スキージャンプを見て、モーグルを見て、

そのあとスピードスケートを見て、ジャンプ2本目を見るとカンペキ、

などと書いてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、まず女子スキージャンプを見る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、ジャンプ競技は風や雪の影響で何回もスタート地点を上げ下げして中断。

時間が押していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 頃合いを見てモーグルに回したら、すでに終わっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本代表のナントカ君は3位銅メダルで大喜びしてる。

快挙らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、女子ジャンプに戻ったら、途中で、

「スピードスケート高木選手1500mで銀メダル」のテロップ入り、

あら、こちらも終わっちゃったのね。

結局そのまま、ジャンプ見てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果は、高梨サラちゃん3位銅メダル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 モーグルの彼は上出来の銅メダルらしく、大感激、

いっぽうスケートの高木選手はクヤシイ銀メダルだったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サラちゃんはといえば、前回ソチの時はワールドカップ連勝中で

金メダルテッパンと言われたが、実力を出せずまさかの4位。

だが今期はワールドカップまだ、1勝もなし。

オリンピック前のインタビューでは金メダルを狙う答えていたが、

この銅メダルは現在の実力をキチンと出した、というところであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、ソチオリンピックからの4年間、

ずっとこの日のことを考えていたことでしょう。

とりあえず、銅メダル、おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ金メダルの器ではなかった、とのインタビューでの返答は

一抹の悔しさをにじませていましたが、

コレが、次へのモチベーションになるなら、

金メダル以上の価値があるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、ジャンプの女子選手って、なんか美人ぞろいでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夏のオリンピックもそうだが、最近はオシャレやファッションに気を使い、

女の子らしい女子スポーツ選手が多くて大変イイなあ、と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、今夜も「バスクリン」、か?

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ