ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.10.29

金木犀


 この間の雨でやや散ってきましたが、金木犀の季節です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 金木犀といえば、その香りで有名ですが、

実はワタシは、金木犀の香りに弱い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この言い方は正確ではないな。

正確には「ワタシは金木犀の香りが弱い」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 要するに「金木犀の香り」をあまり感じないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと、嗅覚がそれほど鋭いわけでは無いが、

洗剤や入浴剤、食べ物やイヌの匂い、

生ごみやトイレの匂いも大体普通にわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、金木犀の香りに限っては、

どうも他の人より相当鈍いようなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レディアのお散歩コースにこのような金木犀の木がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 満開の時に真下に行けば匂いを感じるが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2メートル以上離れると、もうワカラナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは耳鼻科医的には非常に興味深い症例である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 部分的嗅覚脱失、あるいは嗅盲は遺伝子の異常が考えられるが、

現段階ではよくわかっていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、全然困らないのでいいんですけど、

何かご先祖様で金木犀について不都合なことがあったのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、イヌの嗅覚は人間よりはるかに鋭敏はずなのだが、

レディアもなんの反応もしませんね。

まあ、彼女にとっては金木犀の香りより、

他のイヌのオシッコのニオイの方が何倍も良い香りなのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ