ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.08.21

野良コロナ、多いです

Pocket

長い休みを経て、木曜日から通常診療を再開しましたが、

気になっていたのは足利のコロナがどうなっているのか、

という点でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お盆休みは、保育園も学童も休みになるので

それで鎮火しないかなあ、と期待していたのですが、

どうも、まだまだ続くようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに来て、気になるのは

いわゆる「野良コロナ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱っぽい感じや、のどの痛みがあったが

半日で症状が落ち着いたので、

友人と会食した、とか、

風邪症状があったが抗原検査で陰性だったので、

3家族でプールに行った、

などというところからの感染拡大、クラスターが目に付きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「野良コロナ」とは

コロナなんだけど、鎖につながれていなく

野放しになっているヒトに対し、

ワタシがつけた造語ですが、

今、これがかなり多いと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度も言っておりますが

「抗原検査の陰性はコロナでないという証明ではありません」

また「コロナは一見症状がないヒトからもうつります」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも最近、抗原検査だけで患者を野放しにしちゃう医療機関が多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院でも抗原検査とPCR検査を行っていますが、

PCR検査は6割強の陽性率に対し、

抗原検査はいわば「陽性確認検査」なので

その陽性率はずっと100%です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抗原検査しかしない医療機関は、

せめて抗原検査は陰性証明では無いので、

症状がなくなるまでは人と会わないで、自宅待機が必要なことを

患者さんに説明する必要があると思います。

市販キットによる自己での抗原検査もしかりです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ