ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.09.28

重要な試合

Pocket

 28日、ラグビーワールドカップでは日本代表が

世界ランキング2位のアイルランドと対戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 土曜日の午後、テレビをつけたら試合が始まったところだったので、

せっかくなのでなんとなく見はじめたけれど、

ラグビーよくわからないし、

たいして面白くないので、15分くらいで見るのをヤメタ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はそれより、はるかに重要度の高い試合が、あるのだ。

********************************************************************************

2019年J1第27節

サガン鳥栖  3-3  浦和レッズ (駅前不動産スタジアム)

   (前半 0-2)

   (後半 3-1)
********************************************************************************

 前節までで浦和レッズは勝ち点31で15位、

サガン鳥栖は勝ち点27で16位。

16位以下がJ2降格となるので、

レッズにとってはまさにカド番の直接対決である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ラグビーは、日本が勝ったところで、オー、スゴイね、

アイルランドが勝てば、やっぱりアイルランドは強いね、

ってことでどっちにしろ1週間もたたずに忘れてしまうが、

もし、この試合に負けて来年J2落ち、なんてことになれば、

丸々1年ツライ思いをしなければならぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、この試合、鳥栖でのアウェイゲームなのにテレ玉が生中継。

アウェイゲームを生中継することは異例中の異例で、

この試合がいかに重要な試合か、ということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天皇杯でアマチュアチームに負け、スッキリした(?)レッズの

出足は良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ルーズボールへの寄せや、前への推進力もあり、

気迫あふれるプレーでサガン鳥栖を攻め立てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エース興梠がベンチ外ということで、

ワントップに入ったファブリシオが、

後方からのボールを頭で武藤に落とし、

これを、武藤が鮮やなワンタッチコントロールからゴール。

前半7分に早くも先制する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここまで、リーグ無得点だった武藤のゴール。

興梠不在のなか、ファブリシオ⇒武藤のゴール、というのは

チームに勢いを与える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、その勢いのまま、前半29分には長澤が、

まるでマンガかアニメみたいなアクロバチックなシュートを決めてみせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まぐれとまでは言わないが

この試合にかける執念が生み出したラッキーシュートであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱり、本気出せば、強いぜレッズ。

この試合は楽勝だ、残留争いも脱出だ、

佐賀に行った人は良かったねー、と思ったものだが・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうはいかないのが、このチーム。(ーー;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今まで、何度も経験したことだが、

こういう試合でこうなっちゃうのが浦和レッズ。

もう30年間変わらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半、豊田の投入から勢いを取り戻したサガン鳥栖に

浦和の守備陣は混乱。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半、24分、29に失点し同点とされると、

さらに後半37分、残り時間も少ないところで逆転の3点目を喫す。((+_+))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、レッズが実力(?)を発揮しちまったー。(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このまま、まさかの敗戦かと思われた後半ロスタイム。

ペナルティーエリア内で岩波がつきとばされ、PKを得る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 誰が、蹴んの、誰が、蹴んの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 興梠はいない、武藤もファブリシオもすでにベンチ。

キャプテンマークを巻く槙野がベンチの組長のところに相談に行くが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おおおおお、杉本!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボールを渡された杉本は「マジすか」といったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それもそのはず、

なんせ、ほんの3日前、

アマチュアチームホンダFCとの天皇杯ホーム埼スタで、

ロスタイムに得たPKをはずし、

帰りのバスをとり囲まれサポーターから罵声を浴びた杉本健勇である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このプレッシャーたるや・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、よく決めたぞ杉本健勇。\(^o^)/

それを託した槙野も男だ。( `ー´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということで、最悪の事態は免れた浦和レッズ。

今度の水曜日はアジアチャンピオンズリーグ決勝進出をかけた

広州恒大との第1戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アジアの頂点を狙いつつ、J1の底辺を争うレッズ・・・(^^;)

ところで、ラグビーは日本が勝ったみたいです。

ふーん。良かったですね。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ