ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.09.19

采配に見え隠れするカップ戦への思い

Pocket

 

 水曜日のACLで奇跡の逆転劇を演じ、

日曜日のリーグ戦のあとは、また水曜日に天皇杯4回戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 通常なら、リーグ戦はベストメンバーで戦い、

天皇杯も4回戦くらいならメンバーをかなり落として戦う、というのが定石だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが現時点でリーグ8位。

上位との勝ち点差を考えると、

優勝はもとよりACL出場権内の3位以内というのも相当高いハードルである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来季のACL出場を狙うなら、むしろ天皇杯で優勝することの方が、

現実的な可能性と言えなくもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、天皇杯4回戦の相手は「鹿島アントラーズ」(◎_◎;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なして、ココでこのチームと当たる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 4回戦ではまだJ2の松本や名古屋のほかJ3の長野、

そして筑波大まで残ってるちゅうに、

よりによって鹿島アントラーズとは・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、今回はリーグ戦のスタメンを落として、

天皇杯4回戦に温存するという、ちょっと見ない展開になった。

************************************************************************************************************************

2017年J1第26節

ジュビロ磐田   1-1     浦和レッズ (エコパスタジアム)

   (前半   1-0)

   (後半   0-1)
************************************************************************************************************************

 レッズは柏木、阿部をサブに温存。

ラファエルシルバと李忠成はベンチにもいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジュビロ磐田は昨年J1に戻ったが、名波ジュビロには去年、今年とホームでやられている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 厄介なのは、やはり中村俊輔だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と思ってたら、前半21分、果たして中村俊輔のFKから失点。

警戒していてやられちゃう、レッズの得意技(?)である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合はレッズペースだが、やはり柏木がいないと、

なかなか有機的な攻撃ができない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、堀監督は最後まで、柏木を使わなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あわや、敗戦かと思った残り10分ほど、

青木のスルーパスを興梠が決め、同点に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、その後も勝ち越し点は奪えず1-1のドローに終わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、そこまでして挑む天皇杯4回戦であるが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ