ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2016.10.22

運命の女神は今のところこっち向き


 

 やはり、1人でやる外来はキツイ。

 

 

 

 

 

 

 14時キックオフのデイゲーム、何とかテレビ中継には間に合った。

 

 

 

 

 

 

 昨夜、3匹まとめて焼いたサンマの2本目を食べながらのライブ観戦。

サンマは今年は不漁で、この時期でも痩せてるなあ。

 01914508046d250adede8e8c22303836083c7b83ff

 

 

**********************************************************************************************************************

2016年J1セカンドステージ第15節

アルビレックス新潟   1-2   浦和レッズデンカスタジアムビッグスワン)

    (前半     1-1)

    (後半     0-1)
**********************************************************************************************************************

 先週ルヴァンカップを征し、初タイトルを取ったミシャ監督。

 pa220005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ギリギリの勝利で、それこそ「運」で取ったようなタイトルだが、

大事なことは途中経過ではなく最終結果。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この自信に満ちた顔、選手たちの余裕の表情をみると

つくづく結果の重要性、タイトルの重みを感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、この試合に勝ち、神戸、川崎がともに引き分け以下なら

レッズのセカンドステージ優勝が決まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、重要なのは年間勝ち点首位。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 セカンドステージ優勝でも、年間勝ち点1位を取れないと

チャンピオンシップは準決勝から戦わなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 セカンドステージの川崎フロンターレとの勝ち点差は6あるが、

年間勝ち点差はわずかに1。

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのために今日も勝ち点3が必要だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半7分、興梠のゴールで先制するが、

15分にミスからキーパーと1対1になって決められる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 この失点は1週間前のルヴァンカップ決勝と全く同じではないか・・・・。(-_-メ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 1-1で前半を折り返し、後半になってもスコアは動かない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 アルビレックス新潟としても、残留争いのボーダーライン上なので、必死である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 終了間際、後半唯一の新潟のシュートがレッズポストをたたく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが決まってたら終わってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、その跳ね返りからカウンターになり、

関根のクロスを、ゴール前で李がつぶれて興梠にスルー。

 

 

 

 

 

 

 

 

これを、興梠が今日2点目のゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半45分、まさにギリギリの勝利であった。

 pa220017

 

 

 

 

 

 

 

 

 このゴールパターンもどこかで見たぞ。

ゴールのワクに当たった惜しいシュートから

一転カウンターになりこれをゴール、というのは、

2年前埼スタで優勝のかかった試合で、ガンバにやられたやつ。

これを逆に今回はレッズがやった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は、「運」がこっちに転がってきているような・・・・(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして今節、神戸は負けたが、川崎が広島を破ったのでレッズのセカンドステージ優勝はお預け。

というより重要なのは年間勝ち点は依然1点差のままということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、ハーフタイムで見たアルビレックス新潟の片渕新監督。

 pa220012

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんで、宮本亜門氏がインタビュー受けてるんだろう、と思ってしまった。

クリソツ、ですよね。

 dsc03251

 

 

 

 

2件のコメント

コメント/トラックバック (2件)トラックバック用URL:

  1. あなたのコメント  森脇の足元は狙われてますね。ルヴァンカップのFC東京戦あたりから、バックパスの判断と正確さが、どうも怪しかったです。ディフェンスラインの並びは、昨日の後半の並びのほうが安定感があると思います。さあ残り2試合、勝ち点6が必要です。幸運の女神が微笑んでいるうちにタイトルゲットといきましょう。

  2. suzukiさん
    そう、相手チームはレッズの弱点を研究しています。ステージ優勝はアウェイで決まりそうだけど、大事なのは年間勝ち点。最終節は行きます。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ