ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.05.25

赤柴姫

Pocket

先週金曜日に我が家の老犬レディアの具合がおかしくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数日前から、頻尿になり、尿の混濁もみられたため、

膀胱炎と診断し、抗生剤の投与をしてましたが、

金曜日朝の散歩後の食事を全く食べない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食い気だけが取り柄のコイツが食べないのはよっぽどのこと。

しかも水も全く飲まなくなってしまった。

ヤバイなーと思っていたら

お昼過ぎに左側の麻痺と痙攣、意識混濁、呼吸促拍が出現しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後痙攣、譫妄はおさまりましたが、

意識レベルが低下し、寝たきりに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間に換算すると98~99歳くらいにあたるレディアなので、

何かあると致命的な状態になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連絡を受けて息子は金曜日の夜、

急遽、東京から帰ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシも最悪の場合を想定し、

寿命と頭ではわかっていても、

ずっと気分が落ち込んで、何かやっててもうわの空、

寝れば寝たで、悪夢にうなされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな感じで、こりゃ朝までもつかなと思いましたが

土曜日の朝、いってみるとまだ生きていました。

状態は落ち着いていましたが、

でも、立てない、食べない、水も飲めない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 食べられなくても、しばらくは生きていられますが、

水が飲めなくなると2,3日しか持たないといわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシと妻はもうダメかなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、息子があげたリンゴのかけらをわずかに口にすることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その大半はじきに吐いちゃったのですが、

わずかに水分が入ったかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、ほぼ眠り続けましたが、

土曜日の夕方になり回復の兆しを見せ始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふらふらと立ち上がるそぶりを見せ歩き回ろうとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あっちこっちぶつかって危ないので、

リビングにクッション等でバリケードを作り

安全なスペースを確保しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、日曜日、まだ水は飲めませんが、

水分の多いフードを少し口にできるようになりました。

明らかな回復傾向です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日曜日夕方にはだいぶ回復し、

ハーネスで引っ張り上げながら、

少し外に出て家の近所を歩けるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日、今日と順調に回復し、

意識ははっきりして少しずつ食べられるようになり、

今日火曜日は、自分で水を飲むようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうやら最悪の状態は脱し、

三途の川の手前からUターンしてきたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今後、どうなるかはまだわかりませんが、

とりあえずはヨカッタ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 回復の決め手は、

食い意地が張ってるためリンゴを口にできたこと、

人間と違って病気や将来に対して心配したり落ち込んだりしないので、

精神的なダメージが多分なかったこと、

そして、その意味では

動物病院に連れていかなかったことでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 病院ギライのレディアの場合、

病院に行って検査だ点滴だとなったら

あっという間にストレスで衰弱してしまったことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 白雪姫は毒リンゴのかけらを吐き出して生き返りましたが、

我が家の赤柴姫はリンゴのかけらを食べて生還したのだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 残り少ない人生(犬生)ですが、

今後も心身とも安らかに過ごしてもらいたいものです。

 

 

 

2件のコメント

コメント/トラックバック (2件)トラックバック用URL:

  1. 我が家では2年前に愛犬の柴犬が虹の橋を渡りました。13歳でした。癌が見つかり高齢のため手術は不可能で終末期の治療を行いながら半年後に旅立ちました。高齢犬ということもあり生前にペット霊園のある寺院へ下見に行き埋葬や墓地ななどの話を聞きいつ万が一な時が来てもいいように心構えをしていましたが愛犬の死は辛いものでした。亡くなる前日にが病院が休診で連れて行けず翌日に病院へ駆け込んだのですが処置中に呼吸が停止し先生に呼ばれ人工呼吸器を外し楽にしてあげましょうと言われ私は愛犬の手を握りながら最期を看取りました。レディアちゃんは我が家の愛犬と瓜二つです。だからレディアちゃんが長生きしてほしいと心から願っております。体調も良くなられたようで安心しました。我が家の愛犬も病院が嫌いで暴れたりしていましたが最期は先生の前での旅立ちを選んだのか分かりませんが診察室までは自分の足で歩いて行きましたので何か想いがあったのかもしれません。レディアちゃんが全快するよう心から願っております。

  2. 裕ちゃん様
    コメントありがとうございます。
    ペットの死は避けられないもっとも悲しい出来事ですが
    何より安らかに過ごしてほしいという思いです。
    その後、食欲など回復し多少以前よりよろよろしますが
    ほぼ体調は回復したようです。
    ただ、食欲のないときにちょっと高級なドッグフードを与えたため
    今までのフードに戻れないようですが・・・・。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ