ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2014.03.09

赤いマウスピース

Pocket

実は、シーズン開始前の日程発表の時

年間試合スケジュールをiPadに入れるのだが、

このホーム開幕戦のキックオフを間違って15時と入力してしまった。

 

 

 

 

 

あー、こりゃ間に合わんわ、とこの試合、参戦をあきらめていたのだが、

昨日よく見たら16時であった。

 

 

 

 

 

 

 

でも、花粉症が始まり、結局ギリギリどうかという時刻だし、

他の予定も入れちゃってたので諦めて、スカパー観戦。

 

**********************************************

2014年J1第2節

 

浦和レッズ        0-1        サガン鳥栖  (埼玉スタジアム2002)

        (前半   0-1)

        (後半   0-0)

 

**********************************************

サガン鳥栖は実はやりにくい相手だ。

 

 

 

 

 

過去このチームとリーグで4回戦い

ホームで4-3、6-2、アウェイで1-3、1-4。

 

 

 

 

 

 

 

やたらに点を取って取られてのカードなのだ。

 

 

 

 

 

ナントカホームでは勝ち越しているが

昨年末のレッズの優勝の夢を打ち砕く豊田のハットトリックは

記憶に新しい。

 

 

 

 

 

 

その空中戦に強い「赤いマウスピースのキモイやつ」にやられちまわないように

ミシャ監督は那須が出られないこともあってセンターバックに永田、右サイドバックに浜田と

長身のディフェンダーを入れてきた。

 

 

 

 

 

 

今期のテーマである堅守を重視し、乱打戦に持ち込ませない策であろう。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、これが見事に外れる。

 

 

 

 

 

 

浜田はもともとストッパータイプでサイドバック向きではないところに、

相手右サイドには今期から元ガンバのあの、自称「持ってる男」安田理大が加入していた。

 

 

 

 

 

 

 

この右サイドをスカッとかわされ、お約束のような豊田のヘッドから早々と失点。

 

 

 

 

 

 

今日の布陣では絶対避けたい先制点であった。

 

 

 

 

 

おかげであのキモイ赤いマウスピースをまた見せられる羽目に。

 

 

 

 

 

 

結局、この1点が決勝点となり、ホームで鳥栖相手に初黒星。

 

 

 

 

 

1-0で勝つ予定が0-1で負けとプランが裏腹になった。

 

 

 

 

 

 

2戦目にして早くも不安の芽が・・・・・。

 

 

 

 

3件のコメント

コメント/トラックバック (3件)トラックバック用URL:

  1. あなたのコメント スタメンを見た時から浜田の所が危ないのではと思っていました。対面の安田、スピードがあり攻撃的なサイドバック。ここは開幕戦と同じ平川、森脇のコンビでよかっかのでは?ヒラは怪我でもしたのですかね~。僕の中でのガンバ戦MVPだったのですが。前の方も1点くらいとらないと。次節、広島戦に期待しましょう。それにしても佐藤寿人のスーパーゴール凄かった。

  2. suzuki様
    コメントありがとうございます。
    ワタシも同じ意見です。安田にはガンバ時代さんざんやられましたからね。
    今季得点が槙野のたまたま(?)当たって入ったゴールだけというのは情けない。
    李忠成もしっくりきてないし。
    ここはついでに寿人にも移籍してきてもらうとかww

  3. 次回のセレッソ、フォルランの初ゴールを期待してください。彼はきっとやってくれます。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ