ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.12.14

誕生日の手術

Pocket

 こんな記事を発見。

外科医が誕生日に手術をすると死亡率が上がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 98万件の手術結果というのはなかなか大規模ですが、

何のためにこんな研究をしたんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに医者も人間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 冷静な判断や、正確な手技、長時間の集中を必要とされる

手術においては、

術者の技量や医学的知識だけではなく、

メンタル、フィジカルなコンディションが、

術者のパフォーマンスに影響を与える、

ということはあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風邪や、歯痛、あるいは二日酔いなどで体調が悪いとか、

彼女と喧嘩したとか、離婚調停中であるとか、

朝、駐車場でクルマこすっちゃったとか・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういったことで、

手術のパフォーマンスが若干落ちることは

自らを振り返っても全くなかったとは言えないが、

(二日酔いを除いて)ある程度やむを得ない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、誕生日ってのが、影響するとは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医者は誕生日に手術すべきではない、

とは、なかなか言えないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 術後30日に患者の生死が決まるような手術の当日は、

すくなくとも誕生パーティーはやらんと思うが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにワタシが医者になって初めての手術は、

実は、ワタシの誕生日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5月に国家試験に合格し、

最初は、後ろから手術の見学。

そのうち、第2助手、第1助手をやれせてもらい、

少しずついろんな手術手技を覚えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1年間研修を積み、

今後は6月から市中病院に出て

そこでまたキビシイ指導医のもとで研修する、

という予定になっていたころ、

「オグラ先生1年よく頑張ったからご褒美にオペレーターやらせてあげよう。」

ということで、

初めて患者さんの右側に立たせてもらったのが、

1986年5月13日火曜日、ワタシの27歳の誕生日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 術式は「顎下腺全摘出術」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 緊張しましたが、何とか成功。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホワイトボードの予定表に

「術者・小倉」と書いてあったのは感動でした。

今でも、記憶に残る日ですが、

誕生パーティーは、多分なかったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ