ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.08.17

診断は?

Pocket

 今日から夏季休業あけ、診療再開です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さすがに、混んだ。(*_*;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、5日も休んだら仕方がないし、

何より今日は副院長不在のため、

ワタシ一人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時間帯によっては長くお待たせしてしまい、

申し訳ありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、来院者数としては普段よりちょっと多い程度なんですが、

やはり一人外来はキビシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんつーことを書くと、

わが国では一人医師クリニックが圧倒的に多いので

ナニ腑抜けたことかましてんじゃい、ワレ!

などとお叱りを受けそうですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、今日は意外に初診が多かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつもかかってる方々は、

今日は休み明けで院長先生だけだから、

きっと混むので、症状もそれほどではないので明日以降にしよう、

(院長も最近ジジイだし)

との考えで自粛(?)された方もいるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中には、

今日はやさしい女のセンセイいないからかかりたくない、

と言い張る子供もいたのだろうなあ・・・(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院が休みだったので、他院にかかったのですが、

診てください、という方も多かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、休みでした、ゴメンナサイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、そこで、何といわれましたか?

と訊くと、別に何も病名は言われなかった、

という方が、これまた非常に多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院はワタシの方針として、

できるだけ病名、診断名を告げる。

確定診断ができない場合は、

候補である2つ3つの病名を上げて、

今後の予想される経過を説明する、

ということにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、良性発作性頭位メマイです、とか

低音障害型感音難聴です、とか、

検査しますがおそらく好酸球性副鼻腔炎です、とか、

お子さんは高熱ですが中耳炎も扁桃炎もないので

おそらく普通の風邪です、とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 または、あなたは急性扁桃炎ですが、

溶連菌の迅速検査が陰性なので、

他の細菌感染による扁桃炎、

あるいはウイルス性の扁桃炎が考えられます。

ウイルス性の場合はアデノウイルス、

EBウイルスなどが疑われます。

とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 患者さんが覚えられない場合にはメモに書いて渡したり。

良性発作性頭位メマイ、とか伝染性単核球症とか、

病名長いし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、今日来た患者さん、高齢の女性で

近所の人が連れてきたのですが、

熱が上がったり下がったりするので

近くの内科クリニックににかかったが、

血液検査で異常ないので耳鼻科に行けといわれてきました、

という方がいました。

トローチとトランサミンが出ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 血液検査異常なしったって、

何と何を調べたかわからないし、

本人も何も説明を受けてないという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 紹介状書くのが筋でしょうが、

それがめんどくさかったら、

せめて血液検査のコピーくらい持たせてくださいよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何となく、最近そんな患者さんが多いような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、病名は、告げましょう。

分からなかったら、自分が分かったところまで説明しましょう。

ノドが赤いからクスリ出しとくね、

では診断したことになりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は、ずっと患者さんにしゃべってたので、

ノドががらがらです。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ