ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.10.13

診断しないでクスリを出す医者

Pocket

新型コロナの流行以来、

いろいろなことが以前と変わったが、

病院の診療体制なども変化しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主として感染対策などの点ですが、

しかし、急性熱性疾患に対し、

診察しないでクスリを出すクリニックがあるのは問題だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏が終わって涼しくなり、

いろいろ風邪ひきなどが増えてきてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある方は熱があるのでかかりつけ医にかかろうとしたが

熱があるとのことで診てもらえず、

総合病院でPCR検査を施行。

陰性であったが、そこでは治療は受けられず、

他の民間病院に行ったら、

こんどは駐車場でインフルエンザの検査をされ、

当然陰性であったが、診察はなく解熱剤カロナールだけ。

この時期にPCR陰性だからといって

インフルエンザの検査だけして帰すとは

本当にバカなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネツもノドの痛みも良くならないので

当院受診したところ、

一目で急性扁桃炎でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある方は、やはり咽頭痛発熱で某クリニックを受診しましたが、

駐車場でPCR検査、陰性であったが

あとは電話で話をしただけで、

大量の抗生剤、去痰剤、解熱剤、抗アレルギー剤、

うがい、トローチ類が処方されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いずれも何の診断もなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも、あんたらは医者なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチンも打ってるだろうに、

口開けてちょっとノド見たくらいでは

コロナはうつりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院でも急性熱性疾患で疑いのある人には

PCR検査を行い、実際に新型コロナ陽性となる方もいますが、

濃厚接触が明らかで熱のみの症状の方以外は、

PCR検査の前に口開けてノドの所見は必ず診ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナに罹るより、

重大な病気を見落としてしまう方が、

医者としては断然怖いですから。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ