ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.10.19

行ってよかったホームゲーム

Pocket

18日日曜日は埼玉スタジアムでのベガルタ仙台戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チケット発売日に申し込み忘れたので、

どうせチケットないだろうと思ったら、

・・・・ばっちり余ってるじゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jリーグの入場者規制緩和で

5000人から段階的に24000人までにはなったが、

それでもこの余りようは何だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく、購入、現地参戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジアムに向かうヒトも閑散としています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年はココのサクラ、見られなかったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入り口では、例によって消毒、検温。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてチケットは自分でもぎります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼を食べ損ねたので、売店で購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

噂のウラワ丼~ステーキ丼。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

900円もしたが、たいして美味しくなかった。

肉固いし少ないし・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*************************************************************************************************

2020年J1第23節

浦和レッズ  6-0   ベガルタ仙台 (埼玉スタジアム2002)

  (前半  3-0)

  (後半  3-0)
*************************************************************************************************

 

今日の対戦相手、ベガルタ仙台はココしばらく勝ち星なしの絶不調。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、レッズはこういうのに弱いのだが・・・・。

ところが、前半8分、ゴール前のコンビネーションから

長澤がすんなりゲット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

汰木 のヒールが良かったが、幸先いいスタート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おお、富士山が見えますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして36分、この位置からのフリーキック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルティノスの左足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キマッタ\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると39分にPKを獲得。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

興梠慎三の右足。

これもゴールイン。\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、前半で3-0。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半へ。

すぐ円陣を作るベガルタ仙台に対し、

あえて(?)ゆっくりとなかなか出てこないレッズイレブン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベガルタがポジションに散ってもまだそろわないレッズ。

これも心理的作戦か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても今日の富士山はキレイだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茜雲とのマッチングがスバラシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とかいってると、51分、また興梠が

今度は難しいヘッドを決める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝敗を決定づける4点目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富士山も一層くっきりと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後選手交代でレオナルド登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると67分、今度はそのレオナルドが決める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー、祭りじゃ、祭りじゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、今年最初のゲームは

ルヴァン杯であったが、

このベガルタ相手にホームで5-1で勝ったのだった。

これも、ワタシは現地参戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、グダグダになった仙台ディフェンスから86分にもう1点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前後半3点ずつとはまことに座りがいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロスタイムがたった1分。

後半3点も入って、んなわけねーだろ。

相変わらずな家本主審。

でも、まあ、試合はもう終わってるのでいいけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、試合終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スカッといい気分の試合でした。

ホント、来てよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、そんな気持ちのいい試合の今日の観客は9831人。

やはり、コロナ禍に加え、ここのところホーム4連敗で、

レッズファンはホームゲームがホームステイゲームになっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まことにモッタイナイ。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ