ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.12.07

草刈り場だと思ったハノイに足元をすくわれ、ACL予選敗退。

Pocket

 Jリーグ最終節からわずか中3日。

しかも極寒の札幌から、熱帯の東南アジア、ベトナムへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 選手のコンディションづくりは、

メンタル、フィジカルともに相当大変なものがあったであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アジアチャンピオンズリーグのレギュレーションでは

予選グループ首位はそのまま決勝トーナメント進出。

2位になった場合、グループ間の勝ち点上位3チームが突破

というレギュレーション。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズの1位突破は無くなってる以上、他会場の結果次第、

というわけだが、ともかくこの試合は勝つしかない。

 

********************************************************************************************************

AFCアジアチャンピオンズリーグ予選グループJ最終節

ハノイFC    2-1    浦和レッズ (ミーディン ナショナル スタジアム)

  (前半  0-0)

  (後半  2-1)

********************************************************************************************************

 しかし、相手ハノイはグループ最下位。

レッズとの第1戦はレッズホームとはいえ

レッズが6-0で勝っている。

勝つのは当然だが、勝ちぬけに大量得点は必要か否か、

くらいの考えであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 予想通りのレッズペース。

開始早々攻め立てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、開始7分、相手のハンドでPK。

いやあ、両手万歳してディフェンスするなんて、

プロとは思えんなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 またまたこの形。

PKで先制か、

今年のレッズの勝ちパターンじゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と思ったら、PK職人ショルツがまさかの失敗。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだまだ時間があるとはいえ、

ショルツがPKを外したのはこれまで1回のみ。

そして、その試合は負けている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後も惜しいシュートもあったが、

今日の相手キーパーは完全に「当たって」きた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半を0-0で折り返した後半55分。

相手コーナーキックからのGK西川のはじいたボールを

ヘッドで押し込まれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 勝たなければいけない試合でリードを許してしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし64分にブライアン・リンセンが見事な飛び出しから同点弾。

ゴールネットからボールを拾って自らセンターサークルへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後も、入ったかと思われるレッズのシュートは

皆、相手GKのファインセーブで阻止。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、82分、前がかりになるレッズの背後を狙ったボールに、

荻原がボックス内で痛恨のファウル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを決められ、万事休す。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズはグループ2位で予選リーグを終えたものの、

上位3チームに入れず、敗退となり、

アジア連覇への夢は断たれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あとから他会場の結果をみてみると、

レッズは1点差でも勝っていれば勝ち点10で

文句なく決勝トーナメントに進むことができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だがこれで、今期の日程が終わったわけではない。

22‐23シーズンのアジアチャンピオンズリーグを制したレッズは

このあと、12月15日にサウジアラビアで行われる

クラブワールドカップ準々決勝でメキシコのチームと戦う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それを破り、もし準決勝でマンチェスターシティを破れば決勝進出。

そして決勝でおそらく出てくるブラジルのフルミネンセを破れば世界一。

日本でのリーグ優勝を逃し、

アジア王座への夢もたたれたレッズが、

世界チャンピオンになっちゃう、ってシナリオはどうよ。

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ