ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2016.06.25

耳鼻咽喉科臨床学会2016、鹿児島の長い1日

Pocket

 

 朝、起きると梅雨空。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドカンと見えるはずの桜島は姿を現さない。

 P6230107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝刊には九州大雨のニュースなので、まあ降ってないだけ良しとしよう。

 P6230108

 

 さあ、予告通り開始時間には会場へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、宿泊が学会会場となってるホテルなので、チョー楽である。

 P6230119

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開会15分前、まだ、ガラガラ。

 フツーの学会は、こうだ。

 前回の日耳鼻総会が異常であった。

 P6230120

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は指定講習ではないので、バッチリ6コマ、入れ替えなしで聴くことができました。

 0088_xlarge

 

 

 

 

 

 

 

 あさイチから午前中いっぱい休憩もなくセミナーを聴き、

 さて、ちょっと息抜き。

 このあと、ちょっとの間、聴きたい講演がないので・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 せっかくなので、桜島まで行ってみよー。

 学会開催中に観光をするのは不適切かもしれないが、違法とはイエナイ。^_^;

 ま、都民の税金ではなく自分のお金なので・・・・。

 P6230123

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フェリーはひっきりなしに出てるので待たずにすぐ乗れる。

 P6230126

 

 

 

 

 

 

 

 

 桜島まで約15分、160円、ヤスイ!

 P6230128

 

 

 

 

 

 

 

 すぐ到着。

 P6230138

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おお、ここはガンバの遠藤ヤットの地元なのか。

 P6230142

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、島にわたっても山は雲に覆われていた。

 P6230158

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 長居する予定はないので、ビジターセンターを見学。

 P6230151

 

 

 

 

 

 

 

 

 桜島と記念写真コーナー。

 P6230152

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これがウワサの「火山灰袋」。

 鹿児島では「燃えるゴミの日」「燃えないゴミの日」のほかに

 「火山灰の日」があるという。

 P6230156

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、さして見るものもなく、また鹿児島市に戻る。今度は第十八桜島丸。

 P6230169

 

 

 

 

 

 

 

 

 船によって作りが違う。

 この船はラウンジあり。

 P6230173

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰りに気づいたが、この連絡フェリーは、方向転換をしない。

 つまり、電車みたいに両方向に進めるのだ。

 P6230179

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この帰りに見た桜島が今回の旅行中、最大瞬間露出、であった。

 モウチョット。

 P6230177

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう午後2時をゆうにまわったが、港に戻り、やっと昼食。

 P6230190

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはりここは刺身定食で。

 その日の水揚げによって内容が変わるらしい。

 それにしても、あまり聞いたことがない魚ばかり。

 P6230183

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはうまかった。 

 どれが、どの魚かわかんなかったけど。

 P6230185

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、学会場に戻る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 夕方の講演はややリラックスした内容。

 P6230196

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、これ、聴きたかった。

 0186_xlarge

 

 

 

 

 

 

 

 演者は元鹿児島大学農学部教授で焼酎メーカーで実際に商品開発をされていた方。

 

 

 

 

 

 

 

 焼酎の魅力を歴史的、科学的に説明されており、興味深く拝聴した。

 0189_xlarge

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は学会の公式フォトサイトにワタシがこの講演を熱心に聴くさまがアップされていた。

 0192_xlarge

 頭の中は多分「よし、今晩は芋焼酎だ。」ということであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いては鹿児島県出身のシンガーソングライター辛島美登里氏トークセッション。

 0199_xlarge

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  演題名が「夢見るエイジング」である辛島氏は55歳。大変美しい!

 0200_xlarge

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は辛島美登里さんはかろうじて名前知ってるくらいのヒトでしたが、

 大変ステキな方でした。

 0203_xlarge

 

 

 

 

 

 

 

 

 ココでも、熱心に聞き入る我々の姿がオフィシャルサイトに。

 0201_xlarge

 

 

 

 

 

 

 

 

 音楽が人間の内面的な若さをはぐくむ、という説には共感できます。

 0206_xlarge

 

 

 

 

 

 

 

 さて、次は会場が変わって専門医領域講習。

 

 

 

 

 

 

 

 実は、辛島氏のトークセッションを途中退出しないように

「領域講習はトークセッション終了後の開始となります」のスライドが呈示されていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あれがなかったら、みんなまたぞろぞろ退出して席取りに向かっただろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、行ってみると満員。最前列であった。

 この会場、テーブルがないのでノートがとりにくい。

 0277_xlarge

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく無事、受講票をもらうことができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのあと、またメイン会場で辛島美登里さんのミニコンサート。

 0288_xlarge

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと、こういう失恋のバラードを歌う女性シンガーソングライターは

 「苦手分野」だったのだが、

 先の講演を聞いてにわかファンになってしまった。

 0300_xlarge

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひょっとすると35歳の彼女にはさしたる興味を感じなかったかもしれないが、

 55歳の年齢を重ねた今だからこそ、ぐっと魅力的に見えるのかも。

 0305_xlarge

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今度ビルボードあたりでライブあったら行ってもいいかも、

 などと思いながら聞いている姿がまたも写っていました。

 0302_xlarge

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、会場を後にし、また街へ繰り出す。

 今夜は鹿児島名物黒豚しゃぶしゃぶと決めていた。

 P6230204

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 では、いざ。

 P6230207

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、案内された奥のテーブル席。

 なんとトナリは群馬大耳鼻科近松教授と若手医局員!

 何たる偶然。

 P6230217

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 若い2人の女医さんは発表を終えられたあとの様でリラックス、

 けっこういってましたね。(^o^)/

 シメにカツ丼食ってたし。

 P6230218

 

 

 

 

 

 

 

 

 教室のますますのご発展を祈念いたします。

 この一件が群馬大耳鼻咽喉科のブログに乗っております。

 P6230232

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、しゃぶしゃぶも美味かった。

 凝った盛り付け。

 P6230229

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうせお鍋に入れちゃうんですけど。

 P6230225

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつもビール一本鎗のワタシだが、昼間の講演を聞いて芋焼酎お湯割りでいってみた。

 だが、この季節、鍋とお湯割りはやはりアツ過ぎた。汗、止まらん。(-_-;)

 P6230224

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ごちそうさまでした。

 P6230234

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、タクシーを拾おうと街を歩いてると、突然妻が立ち止まる。

 P6230237

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「白熊」とは、鹿児島名物のかき氷、しかもここは発祥の店らしい。

 P6230266

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 閉店間際に滑り込む。

 P6230261

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  入ってみるとココも色紙多し。

 P6230242

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お、原田知世さん♥

 P6230243

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんな時間に、とも思うが

 まあ、女子は甘いもん好きで、名物だし・・・・・。

 撮影して、娘にLINE送ってるらしい。

 P6230255

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はワタシも先ほど焼酎だったので、生ビールも呑みたいかな、と。

 P6230251

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレ元祖白熊。

 P6230257

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こうして、鹿児島名物を一筆書き的に網羅して長い一日は終わった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 明日は、最終日。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ