ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.01.12

耳鼻咽喉科医の本


 年末に本屋さんに立ち寄った際、

目についた本を2冊買ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いずれも耳鼻咽喉科の先生が書いた本で、

一般向けの本なのでパッと見あまり参考になることはなさそうだったけど、

患者さんから質問を受けることもあるので、

この手の本はなるべく目を通すようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひとつは北里大卒の先生の

「肺炎がいやならのどを鍛えなさい」という本で、

大ベストセラーと帯にあったので買ってみました。

タイトルから何となく読む前から内容はわかっちゃうなあ・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう一個は新書であったが、何となく気になって著者を検索すると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シマッタ、この先生、アヤシイ医者であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 滋賀医大卒というのこのセンセイ、

たしかに耳鼻科の医者ではあるのだが、

例のホメオパシーとか波動療法などの

ダークサイド診療も堂々とやっている診療所でした。(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よく「健康」とか「爽快」なんていう雑誌によく出る類の医者かもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あーあ、急に読む気が無くなった。

そうと知ってれば、買わなかったものを・・・・(+_+)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ