ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.11.06

耳から鼻血

Pocket

 寒くなってくると風邪ひきが増えるのですが、

耳鼻咽喉科的には高齢者の鼻出血が増える時期でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供の鼻血は、アレルギーのシーズンに多いのですが、

高齢者の鼻出血は硬化した血管壁に対し、

温度変化により血管の拡張、収縮が起こるため

血管が破綻して出る場合が多いので、

脳溢血などと同様、寒くなってくるこの時期に多いものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 金曜日の夕方、市内の内科医院のセンセイからお電話がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「鼻出血が止まらないので、これからお願いできますか。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時刻が受付終了間際だったので、電話入れてよこしたのでしょうが、

それにしてもセンセイの声、なんか上ずっていたなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 20~30分ほどして、患者さんが来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どっちから出ていますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初右で、綿を詰めたら左からも出て、

そして口からも出て、左耳からも出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナント耳からも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 70代の女性ですが、心臓の手術をしたので、

抗凝固剤、いわゆる血液サラサラのクスリを、

2,3種類飲んでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので血が固まらず、出血がなかなか止まらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳から血が出るのは、この方、慢性中耳炎があって

左耳に小さい鼓膜穿孔があるため。

右鼻からの出血が上咽頭から耳管を通って左耳の孔から出た、

ということです。

タバコの煙を耳から出せる人がいますが、

そのような人は慢性中耳炎で鼓膜に孔が開いているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出血点は右鼻腔で、コブ状になった血管から

噴水上に血が出ているのを確認。

その部を電気凝固し、無事止血しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、やはりその後左耳は中耳炎を起こしましたが。

治療で良くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一般のヒトが鼻からも口からも、

そして耳からも血がだらだら出てるヒト見たら、

そりゃ、焦るでしょうね。

内科のセンセイは無論、耳から血が出る仕組みはわかっていたと思いますが、

初めてのことで、さすがにうろたえたのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ