ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.06.02

組長、おかえりなさいませ。

Pocket

サンフレッチェ広島に0ー4でチンチンにされた試合を生で見た翌日の月曜日には

何のアナウンスもなかったが、

翌火曜日に突然オリヴェイラ監督との契約解消が

チームから発表された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、あの男「組長」が、帰ってきた。

 

****************************************************************************************

2019年J1第13節

川崎フロンターレ      1ー1     浦和レッズ  (等々力陸上競技場)

                 (前半       0ー0)

                 (後半       1ー1)

****************************************************************************************

10年ぶりの4連敗では、監督交代もやむなしだし、

現時点で新監督の選択としては、

大槻氏しかない、というのも納得である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はオールバックは封印する、という話は聞いていたが、

またまたインパクトあるヘアースタイルだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に先日の川崎市の通り魔殺人事件に対する黙とう。

まったく、痛ましい、許せない事件でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然ながらスタメンもいじってきて、

チーム内にも新たな緊張が感じられる。

赤字が変わったスタメン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーキー岩武はリーグ戦初出場、初先発。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その新鮮なスタメンと、監督交代の緊張からくる前がかりな攻めに

当初、川崎フロンターレは完全に気圧されていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までのレッズには無い早い縦へのボールの供給は

川崎に不安と混乱を起こさせ、

しばしば決定的なチャンスを演出した。

前半2分の宇賀神のシュートはゴールネットを揺らしたが、

オフサイドの判定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、なんか行けるぞ感が、満ち満ちて、良い感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、点は取れるときに取らないと・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半は0ー0で終了。

ボクシングなら判定は10対8でレッズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大槻新監督も、この時点ではそれなりの手応えを感じていたはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、さすがは2連覇のチャンピオンチーム、

後半、キッチリと修正を入れてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半の半ば過ぎから次第にゆるくなったレッズのプレスに

川崎フロンターレは攻勢を強めてきていたが、

55分、ついにレッズのゴールを破る。

得点したのはゼロックスでもやられた、

レアンドロ・ダミアン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは、完全に川崎のゲーム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早いパス回しと、前線からの守備で

レッズは攻撃の機会さえ与えられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川崎の選手はのびのびとプレーをし、

その表情には、どの選手も余裕の笑みがこぼれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、追加点は入らず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、点は取れるときに取らないと・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半のロスタイムは4分。

そこまで完璧なサッカーで、川崎の勝利は99%固い、と思われた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、最後のコーナーキック、奇跡は起きた。

レッズはゴールキーパーの西川まで相手ペナルティボックスにあがる。

まあ、だいたいこんな展開は、負けパターンである。

キーパーが上がってゴールが決まったなんて、

何年か前の天皇杯でモンティディオ山形の

GK山岸が決めたヘッドくらいしか思い浮かばない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、武藤のコーナーキックは一度ははじき出されたが、

宇賀神がふたたびボックス内へとキック。

それを足技に長けたゴールキーパー西川がアシストし

ボールは森脇の前に。

思い切って打ったシュートは相手DFに当たって

フロンターレゴールに吸い込まれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4分のロスタイムの5分目のことであった。

直接ゴールではないが、ボックス内で相手DFを背負ってフリックしたところが西川らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年暫定監督時代、公式戦4勝2分けと無敗だった

大槻監督の「無敗神話」はいまだ健在であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホイッスルとともにピッチに倒れこんだ川崎の選手に与えたダメージは少なく無いが

それよりも新体制の初戦で強豪チーム相手のアウェイゲームで

絶対的劣勢の中、ロスタイムに同点ゴールを挙げ、

4連敗から脱出したことは

限りなく大きい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリヴェイラ体制下でかつての鹿島アントラーズのような

タイトルとりまくりの黄金時代の到来は淡い夢と消えたが、

ここから、無敗神話が続けば、なんてことも

チラッと思ってみちゃったりするのだった。

 

 

 

1件のコメント

コメント/トラックバック (1件)トラックバック用URL:

  1. あなたのコメント  いや~久しぶりに魂の入った試合でした。テレビの前で大興奮。なんか上手くいけそうな予感がしますね。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ