ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.04.23

組織型選挙


 今度の日曜日は足利市の市長選。

2期務めた現職と新人の一騎打ち、ということになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新人は自民党の県会議員で、

自民党をはじめ地元有力企業の

大々的なバックアップを受けてるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は現職は4年前に同じように

自民党、地元有力企業の大々的な後押しで

当選した人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利は古い街なので、

こういった古くからの「街の有力者」連が

政治を牛耳る、という習慣があるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現市長は、市長になったいきさつはそうであっても

どうも根が真面目なヒトなので、

地元の有力者の言うがままにはならなくなったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利市の自民党の幹部が新候補擁立の理由として

数か月前の新聞のインタビューで

「現市長が、自民党の市会議員と仲良くしてくれないから」

ということであると述べていましたので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 組織型の選挙、というのは地元に帰ってきて初めて知りましたが、

会社や企業に勤める人は、自分で候補者を選ばず、

自社やその取引先のしがらみで、

上司から誰だれに投票するように言われるとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新人候補陣営の力の入れ方はすごく、

公示のずっと前から屋根の上にスローガンだけの

候補者名の入っていない選挙カーを走らせ、

街じゅうで候補者の名前を連呼するという、

選挙違反じゃねえの、というような裏ワザをはじめ、

お金と人員のかけ方はハンパないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現市長は先の山火事の際も陣頭に立って頑張っていましたし、

新型コロナウイルス対策についても

足利市は、ここまで近隣の街の中では群を抜いて進んでると思います。

それなりに実績を残していると感じますが、

やはり組織力の前に苦戦が報じられているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても8年前にはあれほど応援していながら、

思い通りにならないと首のすげ替えに走る

足利市の有力者の構図というのは、

昭和の体質、というか江戸時代以来ですかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もし新人のイエスマン市長に代わっちゃったら、

またまたこの街はヤバイなあ。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ