ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2008.07.01

納涼祭の危機

Pocket

 毎年、お盆休み明けの日曜日、太田の野口皮膚科の駐車場で行われる「納涼祭」、
今年は開催が危ぶまれています。
 もう4-5年やってるので、地域の方にはすっかりおなじみになってると思います。
いろいろな模擬店や、太鼓、琴などの出し物があり、
何といってもメインは、われらがCRPのライブと、大花火大会。
花火師を頼んで、上げる本格的な花火大会です。
 しかし、地元の農家の方から一人、花火の殻が田んぼに落ちる、とのクレームがあり
その方の反対で、今年は開催できなくなる恐れが高いのです。
 納涼祭といえば、数ある(いや、そんなにないか。)CRPのライブ活動の中でも、最もメインとなるステージ。
特に、最近は夏の野外ライブのために1年がんばるぞっ、てなノリなので
これが中止になるのは、痛い、痛すぎる。
小倉の生きがいを奪わないでくれー。
 今度の日曜日に地区の会議があって、決まるようですが、
あくまでも「多数決」ではなく「全会一致」で決定されるようですので、
反対の方が「拒否権」を発動すると、実施できなくなるらしいです。
国連の安保理みたいです。
 花火師の方も、今年は水溶性の殻のみにする、とか導線を使わないなどの案を出し
説得に努めてるみたいですが、難航してるみたいです。
 来られたことのある方なら、ご存知と思いますが、
綿菓子やら焼きそばやら焼き鳥やらいっぱいだし、
ビールは安いし、CRPはかっこいいし(?)という大人も子供も楽しめる夏のイベント、
何とか続けたいものなのですが・・・。
 農家の方のクレームももちろんごもっともですが、ここはひとつこちらも最大限の努力しますので
何とか、やらせてくださいよぉ。

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ