ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.03.29

等速直線運動

Pocket

 春の訪れを感じ散歩コースのサクラも

いちりん、またいちりんと日ごとに花びらをほころばせて行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カメラを持って行こう、と家を出たところ、

代わりに、オシッコ洗い流し用のペットボトルを忘れたことに気づく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤバイ、今朝は歩道でシッコさせないようにしなければ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 通りを渡り、神社の鳥居の下の砂場までは、しゃがませてはマズイ。

歩道を急いで神社までまっしぐら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 果たして、途中、ちょっと身構えて排尿態勢に入ろうとするレディアの首輪を

ぐいぐい引っ張り、立ち(座り?)止まらないように速足で歩かせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 150メートルほどで砂場に着き、ハイどうぞ、としたら

おもむろに「大」の方を始めたレディア。

ちっ、ウン〇かよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、石段を登り、境内まで行く。

途中、脇の山に入り、無事、シッコも済ませた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サクラの花、まだ満開にはかなり間がありそうであったが、

一応、写真も撮り、石段を下りて帰路につく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、鳥居をくぐって、通に出ると、歩道の上になにやら小さい物体が・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ん?これ、ウン〇じゃね?

ったく、どこのイヌだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と思って、歩道の先を見ると、

同じような小物体が、1メートルくらいの間隔で点々と・・・・、

ちょうど、「中学理科」で習った等速直線運動の

走る台車の紙テープに記録タイマーでパンチされたスポットのように

規則正しく並んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次の瞬間、ワタシはすべてを悟った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あれは、レディアのウン〇だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの時、速足で駆け抜けながら、次々とウン〇を落としていったに違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、何回か、リードを引っ張る手ごたえがあった。

あの瞬間、走りウン〇をしていたのだ。

今思えば、砂場でしたウン〇もやけに小さかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝日に照らされる歩道に点々と並ぶウン〇。

お前は、ヘンゼルとグレーテルか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あわてて、それらを回収したが、ここは通学路、

すでに春休みに入っていて、

登校する小中学生がいなくて、ホントに良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、朝から、あせりました。

まさかの「等速直線ウン〇」になっていたとは・・・・。

実験としては、なかなかきれいなデータが取れてましたが・・・。(^^;)

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ