ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.12.20

第101回天皇杯決勝~後編

Pocket

前編から続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合開始に向けて、メンバー紹介、

徐々に気分が高まってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

声の出せないサポーターは太鼓と手拍子、Lフラッグで応援。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大分の片野坂監督は今季限りで退団、とのことで、

大分サイドも優勝を最後の花道に、と燃えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釜本邦茂氏が天皇杯のカップをセッティング。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合開始前の、何やら和風のパフォーマンス。

戦国時代の合戦をイメージしたものでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外国人にはウケるかもしれんが、

ちょっとよくわかりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、この「頂上決戦」の大旗。

デカイっす。

毎年使うのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それとともに、スタジアムでは両サポーターのコレオグラフィーが。

大分も頑張ったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりコレオに関しては日本一、いやたぶん世界一のレッズにはかなわない。

毎度のことだが、スタンドからはよく見えないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国歌斉唱のとき、旗を下げて立ち上がったので、ちょっと見えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国歌斉唱は海上自衛隊の女性自衛官でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*************************************************************************************

第101回天皇杯決勝

浦和レッズ 2-1  大分トリニータ (国立競技場)

  (前半 1-0)

  (後半 1-1)

*************************************************************************************

結論から書いてしまうと、出来過ぎのシナリオでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探り合いで入った開始わずか6分。

関根の強引なボックス内への切れ込みから、

最後は江坂任がシュート。

これが決まって、あっさり先制点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 がっちり守ってなるべく0-0の時間を長くする、

という大分はプランが大きく崩れてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで、レッズの勝ちが見えたか、と思いましたが、

やはり勝負はそう簡単には進みません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半は追加点が奪えず、後半へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大分がじわじわ攻め込み、失点の怖いレッズは、

ボールをはじき返すが、攻撃の形につながりません。

主にレッズ陣内でボールが動く、イヤな展開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 終盤72分に宇賀神。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 83分に槙野と、今期でレッズを去る選手が投入されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このまま、開始直後の1点で逃げ切れるのか・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あと、3分、あと2分、と心の中でカウントダウンをしてると、

なんと終了間際の90分にペレイラに同点弾を喰らい、振り出しに。

静まり返る、ゴール裏。

(もともと声は出せないけれど。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 頭をよぎるのは、天皇杯準決勝の川崎対大分戦。

延長前半に川崎が先制したが、

延長後半ロスタイムに大分がヘッドで同点弾。

PK戦にもつれ込んだ末に大分が勝ったという

つい一週間前の出来事。

大分の選手には自ら勝ち取った「成功体験」があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、サッカーの神様が書いたのは

もっとドラマチックなシナリオでした。

後半ロスタイム、コーナーからのこぼれ球を

柴戸がダイレクトボレー。

それを頭でコースを変えてゴールに叩き込んだのは

なんと、あの、槙野でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰ってからVTRで見ても、すごいゴール。

どこまでが意図で、どこからが偶然なのか。

まさに「魂のゴール」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ホイッスル。

ひさびさに、泣きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくて、101回目、新国立競技場での

初めての天皇杯は浦和レッズが獲得しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サッカーの現地観戦は、今年この1試合のみ。

いまだかつてなかったことですが、

これを見れば、もう満足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これによって、レッズは

来年のアジアチャンピオンズリーグへの出場権を獲得しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今季で引退となる阿部キャプテンの花道にもなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても準決勝での宇賀神のゴールも劇的だったが、

槙野は、全部持っていきました。

なぜ、コイツと来季契約しないのか。

天皇杯優勝賞金の1億5000万で再雇用してくれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくして、今年のワタシのサッカー現地観戦は

勝率100%、ということになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これからもこの新国立競技場で

素晴らしいゲームを見られることを期待しています。

(スタジアムのつくりには、少なからず不満もありますが。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ