ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2024.02.05

立春の日曜日は休日急患診療所

Pocket

鎧年越明け立春は休日急患診療所のお当番。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、こんな時期にあたってしまった・・・。

混んだら、やだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、思ったほど混雑はせず。

だが、来院者はすべて発熱、咽頭痛。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナが最も多く、次いでインフルB、インフルA。

明らかに溶連菌感染症ぽい所見の高校生いたが、

この診療所は溶連菌の検査キットがない。

保護者と相談して、溶連菌感染症として、

抗生物質10日間飲んでもらうことにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱はないが、ノドの痛みが強い、というおじいちゃんは、

調べてみるとやはりコロナ。

扁桃炎のない激しい嚥下痛は熱が無くともコロナのことが多い。

こちらとしては当然の結果だったが、

本人はいたく驚いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今までイマイチだったが、この間から昼食は改善された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回から「のり弁当」になったが、

今回、ちくわがカレーコロッケになり、さらにお肉も増えた。

のり弁大好きな のでウレシイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後には、ナント、ワタシの中学時代の同級生、

サッカー部でゴールキーパーを務めたM君が発熱で来院。

診察室に入ってオレの顔見てビックリしてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、なんだかんだで大きな混乱もなく、ほぼ定時に終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして夕食は、帰るときに日赤前の登利平で買った

鶏めし弁当「松」。

これも前回と同じ。

この流れがワタシの休日急患診療所なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 休日なしでまた月曜日仕事、というのは

この歳ではキツイなあ。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ