ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2024.01.11

科博特別展「和食」

Pocket

昨年秋から開催されていた科学博物館の特別展「和食」。

今回、やっと行くことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝は7時50分のりょうもう号。

中橋の工事が進んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中7時半開店のマルタカパンで朝食をゲット。

セブンイレブンでコーヒーも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬晴れの上野公園。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開園150年なのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特別展も開幕から時間がたち、

冬休み明けの平日とあって入場待ちの列は無し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いざ、入場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーマが和食なので、ちょっと地味。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は日本の水質がミネラル分の少ない「軟水」だったため、

だしの文化が育まれた、というもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして次はキノコの話。

日本には3000種のキノコが知られ、これは世界のキノコの種の1割強だという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、日本人の好むマツタケは、

欧米では「吐き気のする匂い」と称され、

逆に高級食材のトリュフは、日本では類似したキノコがあるのに

食された記録がないという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて山菜、そして野菜へと続きます。

野菜が日本に伝えられた時期。

レタスが飛鳥・奈良時代にすでにあったというのに、

白菜が江戸時代末期とはかなり意外でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピーマンの植物標本もあるのだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大根の種類もこんなに。

桜島大根、聖護院大根、守口大根あたりは有名ですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして和食欠かせないコメと大豆。

醤油、味噌、酒・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて魚介。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海に囲まれ、寒流、暖流が交差する日本には、

豊富な漁場があり、

肉食禁止文化があったため魚介類は重要なたんぱく源でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネギトロの語源、恥ずかしながら初めて知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、海藻。

ナガコンブは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに長い。(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人ほど海藻を食べる民族は無く、

最近の研究では日本人の多くが、

欧米人にはない海藻を消化して栄養にできる腸内細菌叢

を持ってるとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次のコーナーは発酵。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば九州のしょうゆは甘いんだよなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて「だし」の話。

こんなものが残ってるんですね。

「味の素の素」だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして「和食の歴史」。

卑弥呼の食卓、マジか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天皇・貴族の食卓は豪華だが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレのご先祖様はこっちだったのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

織田信長が安土城で徳川家康をもてなした時の料理の再現。

献立が記録として残ってるから、

これは信頼性が高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江戸時代の屋台。

この担ぐ屋台はよく時代劇や歌舞伎で出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寿司屋。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちら天ぷら屋。

火事を恐れた江戸幕府は夜の煮売り販売を禁じました。

後ろにある消火器はタマタマです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、明治維新とともに洋食文化が花開きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洋食は和食に対する言葉ですが、

海外の料理をそのまま供するのではなく、

日本独自のアレンジがされてるので

洋食は和食の一ジャンルといっていいでしょう。

コロッケはフランスにはなく、カレーライスはインドにはなく、

ラーメンも中国にはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国の雑煮マップと食品見本は興味深かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本全国に様々な「お雑煮」があることは知っているが、

鳥取県のこれは「おしるこ」ではないのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サザエさんに見る昭和の食の変遷も面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にこんなコーナーがあったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが、サイコーでした。

回転しないやつですね。

しかも5000円という値段が絶妙だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、その後、お土産など買って外に出るとちょうどお昼時。

せっかくなので科博のレストランで

和食展タイアップメニューを食べることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ。

妻はイクラと紅鮭の和食丼をオーダーしたが、

ワタシはイクラアレルギーなので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牛タンシチュー赤味噌仕立て。

牛タンシチューはフランス料理だが

赤味噌仕立てなので、フランスにはない和食なのだ。

すべての洋食は和食の部分集合であり、

「洋食」⇔「和食」ではなく、「洋食」⊂「和食」ということだ。

でも、どうせ和食展特別メニューなら、

もっとストレートに天ぷらと刺身御膳みたいなものでもよかったのにとは思うが、

上野精養軒は洋食の老舗だからこんなメニューになったんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地味ではあったが、色々お腹いっぱいになって満足でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足利市に着くと、中橋工事の真っ最中でした。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ